• 独立リーグからドラフトを待つ男たち。喜多亮太(BC石川)と長谷川凌汰(BC新潟)のNPBに対する想い
    プロ野球のドラフト(新人選手選択)会議は、いよいよ17日午後17時から都内で開かれる。今年は佐々木朗希(大船渡高)や奥川恭伸(星稜高)ら高校生への指名集中が予想されるが、果たして有力選手の交渉権を勝ち取るのはどの球団になるのか。注目の瞬間が刻々と迫っている中、BCリーグで静かに吉報を待つ男たちがいる。今回のそのうち、9月20日のBCリーグ選抜と巨人3軍の交流戦でひときわ輝いていた、石川ミリオンスターズの喜多亮太捕手と、新潟アルビレックスBCの長谷川凌汰投手にスポットを当てる。彼らに自身の選手として強みとBCリーグで培った経験、そしてドラフトにかける想いを聞いた。
    อ่านเพิ่มเติม
  • 中西永輔の現在地「Vol.3 対峙したFWで1番凄かった選手は?」
    1998年6月14日をサッカーファンなら覚えているだろう。日本代表が初めてワールドカップに出場した記念すべき日だ。開幕戦のアルゼンチン戦にスタメン出場し、記憶に残るプレーをされた中西永輔さん。あまり語ることのなかった現役時代の話や現在の活動の話などをじっくり聞かせて頂いた。
    อ่านเพิ่มเติม
  • アジア最大の格闘技イベント「ONEチャンピオンシップ」いよいよ開幕!100回記念大会に“世界最高峰のヒーロー”たちが集結
    10月13日(日)東京・両国国技館で開催される『ONE Championship』(以下、ONE)の100回記念大会『ONE:CENTURY 世紀』の記者会見が10日、都内で行われ、試合に出場する44名の選手が出席した。会場には世界各国の著名人や格闘技ファンが集結。ステージには今大会の注目選手20名が登壇し、第100回記念に対するコメントや試合に向けた意気込み、格闘技への想いを語った。
    อ่านเพิ่มเติม
  • 「ONE」と「修斗」の融合で“競技の定着化”を図る。“修斗のカリスマ”佐藤ルミナが描く、格闘技界の未来
    世界最大規模の総合格闘技イベント『ONE Championship』(以下、ONE)の100回記念大会『ONE:CENTURY 世紀』が13日、東京・両国国技館にていよいよ開幕する。世界タイトルマッチ3試合、3つのワールドグランプリ決勝、そして日本総合格闘技界の老舗同士である修斗とパンクラスの対抗戦など、注目度の高い試合がそろい踏みだ。修斗は、今年からONEとパートナーシップ契約を締結し、お互いに大会や興行をサポートし合いながら、さらなる競技普及に向け取り組みを進めている。今回は、かつて「修斗のカリスマ」と呼ばれ、現在は、一般社団法人日本修斗協会理事長として、20年間にわたって修斗を支え続けてきた佐藤ルミナ氏を直撃。これまでの格闘技の歴史を振り返りながら、修斗に対する想い、そしてONEと一緒になって描く格闘技界の未来について伺った。
    อ่านเพิ่มเติม
  • 格闘技界の“華”リングガールが語る「ONEチャンピオンシップ」の魅力
    東京に、今世紀最大の格闘イベントがやってくる。その名も『ONE Championship(以下、ONE)』。世界140カ国、26億人以上の視聴者を持つアジア最大のスポーツメディアであり、総合格闘技、ムエタイ、キックボクシングなど全ての格闘技を網羅する世界最大の格闘技団体だ。3月には日本初上陸を果たし、10月13日には待ちに待った2回目の大会『ONE:CENTURY 世紀』が東京・両国国技館にて1日2部(ダブルヘッダー)で開催される。そして今回スポットを当てるのは、いまや格闘技の興行において欠かせない存在となったリングガールのキム・ジナさんとシエナさん。リングを華やかに彩り、試合を一番近くで観てきたからこそのONEの魅力を、お2人に伺った。
    อ่านเพิ่มเติม
  • 日本代表戦でモンゴル代表が履いているスパイクはなんだ?
    日本代表VSモンゴル代表の試合が今まさに行われている。モンゴル代表の足元に是非とも注目して欲しい。アシックスのスパイクを着用している選手が多いことがわかるだろう。その理由を探った。
    อ่านเพิ่มเติม
  • モンゴルのスパイク事情&2人の現役モンゴルリーガーの試合予想
    日本代表VSモンゴル代表のアジア2次予選の試合がいよいよ明日10月10日(木)に開催される。今回はモンゴルのスパイク事情と2人の現役モンゴルリーガーに、明日の試合予想やモンゴル代表の注目選手などを聞かせてもらった。
    อ่านเพิ่มเติม
  • 日本格闘技界に新風を巻き起こすか。ONE チャンピオンシップの事業戦略を探る
    いま、ONE チャンピオンシップ(以下、ONE)がアツい。 ONEは、東南アジアや中国で急速に拡大し、いまや、アメリカの「UFC」と勢力を二分する世界最高峰に成長した総合格闘技団体だ。2011年にシンガポールで産声をあげて以来、アジア各国で大会を積み重ねてきたONEが、今年の3月に日本に初上陸を果たして、約半年が経った。そして、来たる10月13日、今度は、記念すべき第100回大会「ONE:CENTURY 世紀」を、両国国技館で行う。 果たしてONEは、日本格闘技界に再び、大きなうねりを巻き起こすことができるだろうか。そのキーマンであるONE チャンピオンシップ日本代表取締役社長の秦アンディ英之氏に、今後の取り組みや事業戦略について、話を伺った。
    อ่านเพิ่มเติม
  • モンゴル代表に日本人を発見!~錦戸雅俊の挑戦~
    10月10日に日本代表が対戦するモンゴル代表。そのモンゴル代表に日本人がいるという情報が入った。もちろん選手ではない。トレーナーだ。どのようにしてモンゴル代表のトレーナーになったのか?など興味深い話を聞かせて頂いた。
    อ่านเพิ่มเติม
  • 世界最高峰の格闘技とeスポーツが融合!「ONE マーシャルアーツ・ファン・フェス」
    いま、ONE Championship(以下、ONE)がアツい。 ONEは、東南アジアや中国に市場を急速に拡大し、アメリカの「UFC」と勢力を二分する世界最高峰の総合格闘技団体だ。2011年にシンガポールで産声をあげて以来、アジア各国で大会を積み重ねてきたONEが、今年の3月に日本に初上陸を果たして、約半年が経った。そして、来たる10月13日、今度は、記念すべき第100回大会「ONE:CENTURY 世紀」を、両国国技館で行う。 そして、日本国内におけるONEへの期待の高まりを象徴するかのように、10月5日、6日の2日間に渡り、ベルサール渋谷ガーデンにて「ONE マーシャルアーツ・ファン・フェス」が開催され、たくさんの人が詰めかけた。
    อ่านเพิ่มเติม
  • 現役モンゴルリーガー渡邉卓矢が語るモンゴル代表
    日本代表の2022年ワールドカップに向けたアジア2次予選の試合が10月10日(木)に開催される。相手はモンゴル代表だ。モンゴルと言えばモンゴル相撲をはじめ相撲が強いイメージがある。どんなサッカースタイルなんだろうか?現在モンゴルリーグでプレーしている渡邉卓矢選手にモンゴルのサッカーについて話を聞いた。
    อ่านเพิ่มเติม
  • 株式会社わかさ生活の社長が語る女子プロ野球とeスポーツの理想的未来予想図 vol.3 『eスポーツを通じて、若い世代に目の健康について知ってほしい』
    女子プロ野球の創設者でもある株式会社わかさ生活の社長 ⻆谷建耀知(かくたにけんいち)氏。彼が生み出した商品が現在、これまでになかった方向で展開されようとしている。目を酷使する現代にどうアプローチをかけていくのか。そして日本でも拡大しつつあるeスポーツ業界にどのような形で関わっていくのか。わかさ生活の代表的な商品『ブルーベリーアイ』のこれからの活用術について語ってもらった。
    อ่านเพิ่มเติม
  • 右代啓祐(十種競技アジア王者)が伝えたい十種競技の魅力vol.4「東京五輪のメダル獲得に繋げたい」
    オリンピック競技で最も過酷と呼ばれ、勝者が「キング・オブ・アスリート」と呼ばれる陸上の十種競技。これまでオリンピック(2012年ロンドン大会、2016年リオデジャネイロ大会)に2度出場し、昨年8月のアジア大会で見事2連覇を成し遂げた右代啓祐選手(33歳)。右代選手は、現在、何を課題に取り組んでいるのだろうか?
    อ่านเพิ่มเติม
  • 右代啓祐(十種競技アジア王者)が伝えたい十種競技の魅力vol.3「武井壮さんとの出会いが非常に大きい」
    オリンピック競技で最も過酷と呼ばれ、勝者が「キング・オブ・アスリート」と呼ばれる陸上の十種競技。これまでオリンピック(2012年ロンドン大会、2016年リオデジャネイロ大会)に2度出場し、昨年8月のアジア大会で見事2連覇を成し遂げた右代啓祐選手(33歳)。現在、右代選手は国士舘大学で教員を務めながら2020年の東京五輪でメダル獲得を目指している。今回は、十種競技を始めた理由などについて話していただいた。
    อ่านเพิ่มเติม
  • 英雄たちが愛した歴史的グローブ(一話完結)「美津濃赤カップ編」
    今でこそサッカースパイクオタクの私ですが、最初にスポーツ用品に興味を持ったのは野球グローブでした。70年代半ばから登場し、多くの一流プロ選手が使っていた美津濃のワールドウィンシリーズで赤カップがついた硬式用グローブは、その頃の野球少年にとっては憧れでした。「KING GEAR」オールドギア部門担当者(?)が質より量で集めたモデルを使って、当時の赤カップグローブの一端についてご紹介します。
    อ่านเพิ่มเติม
  • 中西永輔の現在地 「Vol.2:フランスワールドカップでの唯一の後悔」
    1998年6月14日をサッカーファンなら覚えているだろう。日本代表が初めてワールドカップに出場した記念すべき日だ。開幕戦のアルゼンチン戦にスタメン出場し、記憶に残るプレーをされた中西永輔さん。あまり語ることのなかった現役時代の話や現在の活動の話などをじっくり聞かせて頂いた。
    อ่านเพิ่มเติม
  • 元Jリーガー長谷川太郎氏が「キングオブストライカー2019」を開催 ストライカーの育成と決定力向上を目指す
    日本サッカーにおいて長年課題と言われてきた決定力。その決定力不足の解消と、世界的なストライカーを輩出することに重点を置いたサッカー大会、「U−12ストライカー選手権大会 THE KING OF STRIKERS 2019(キングオブストライカー2019)」が、東京都足立区の「ミズノフットサルプラザ千住大橋」で開催された。この「キングオブストライカー2019」を主催したのは、かつてJリーグの柏レイソルやヴァンフォーレ甲府などのチームで、FWとして活躍された長谷川太郎氏。今回は大会当日の様子や、ストライカー育成に対する思いを伺った。
    อ่านเพิ่มเติม
  • リプニツカヤ氏がヴァンフォーレ甲府主催試合に来日!スケートイベントも開催
    山梨県の山梨中銀スタジアムで行われた明治安田生命 J2 リーグ、ヴァンフォーレ甲府対 FC 町田ゼルビア戦の試合開始前に行われたセレモニーに、フィギュア スケートの元ロシア代表で、ソチオリンピック団体の金メダリストとしても知られているユリア・リプニツカヤさん、エレーナ・イリニフさんらが登場し、 会場を大いに盛り上げた。
    อ่านเพิ่มเติม
  • 松山三四六(柔道家・タレント)柔道を通じて伝えたい、日本人が歩むべき道vol.3「生きている限りは、命を燃やさなければならない」
    世界柔道でのインタビューが話題になっている松山三四六さん(49歳)。現在、柔道家・タレント・ラジオパーソナリティ・歌手・長野大学福祉学部客員教授と、様々な分野で大活躍中。今年の7月に、三四六さんが「1人でも多くの日本人に、柔道の素晴らしさを伝えたい」という想いから誕生した、書籍『世界の中で、いちばん柔道を知らない日本人へ(ベースボールマガジン社)』。最終話となる今回、出版への想いについて熱く語っていただいた。
    อ่านเพิ่มเติม
  • 右代啓祐(十種競技アジア王者)が伝えたい十種競技の魅力vol.2「10種目を終えると肉体と精神の疲れが物凄い」
    オリンピック競技で最も過酷と呼ばれ、勝者が「キング・オブ・アスリート」と呼ばれる陸上の十種競技。これまでオリンピック(2012年ロンドン大会、2016年リオデジャネイロ大会)に2度出場し、昨年8月のアジア大会で見事2連覇を成し遂げた右代啓祐選手(33歳)。今回は、十種競技2日目に行われる5種目があまりにも辛いという話となった。
    อ่านเพิ่มเติม
  • 中西永輔の現在地 「Vol.1:人見知りだった現役時代」
    1998年6月14日をサッカーファンなら覚えているだろう。日本代表が初めてワールドカップに出場した記念すべき日だ。開幕戦のアルゼンチン戦にスタメン出場し、記憶に残るプレーをされた中西永輔さん。あまり語ることのなかった現役時代の話や現在の活動の話などをじっくり聞かせて頂いた。
    อ่านเพิ่มเติม
  • 「料理+“ちょい足し”」でカラダが変わる!? 内田理央と長友専属の加藤シェフが日清MCTオイルを絶賛
    日清オイリオグループは19日、都内でカラダに蓄積されにくく美容に効果のある中鎖脂肪酸(MCT)の効果について伝える「MCTメディアセミナー」を開催。ゲストには女優でモデルの内田理央と、日本代表DF長友佑都の専属シェフとして知られる加藤超也を招き、食と健康についてのトークセッションを実施した。
    อ่านเพิ่มเติม
  • 松山三四六(柔道家・タレント)柔道を通じて伝えたい、日本人が歩むべき道vol.2「柔道の世界から、芸能界へ進出」
    世界柔道でのインタビューが話題になっている松山三四六さん(49歳)。現在、柔道家・タレント・ラジオパーソナリティ・歌手・長野大学福祉学部客員教授と、様々な分野で大活躍中だ。柔道で小中高時代に日本一に輝いた三四六さんは、なぜ芸能界に進出したのだろうか?その理由について、熱く語っていただいた。
    อ่านเพิ่มเติม
  • 14歳以下の世界大会「UTLC Cup」に横浜F・マリノスが出場し3位に!技術力と戦術に現地は驚愕
    8月20日〜25日にかけて、昨年サッカーW杯が開催されたロシア、モスクワで、U14のサッカー国際大会「UTLC Cup 2019」開催され、日本からは横浜F・マリノスのユースチームが出場。並み居る強豪を抑えて3位という成績を収めた。今回はその様子をレポートする。
    อ่านเพิ่มเติม
  • 右代啓祐(十種競技アジア王者)が語る、十種競技の魅力vol.1「ゴール直後は辛過ぎるので、全選手が倒れ込みます」
    オリンピック競技で最も過酷と呼ばれ、勝者が「キング・オブ・アスリート」と呼ばれる陸上の十種競技。これまでオリンピック(2012年ロンドン大会、2016年リオデジャネイロ大会)に2度出場し、昨年8月のアジア大会で見事2連覇を成し遂げた右代啓祐選手(33歳)。9月27日からカタール・ドーハで開催される世界陸上を前に、右代選手に過酷な十種競技の魅力について、熱く語っていただいた。
    อ่านเพิ่มเติม

เนื้อหาล่าสุด

เนื้อหาล่าสุด