Thumbnail stvv 2019 20 uni

シント=トロイデンVVの今季のユニフォームは「アンブロ」×「BEAMS」のコラボレーション!

英国発祥、日本で企画・開発を行うフットボールブランドである『アンブロ』と日本のセレクトショップである『BEAMS』。メイド・イン・ジャパンの強力タッグにより作成された今季のユニフォームに注目だ。

ไอคอน 16466945 810048175800857 1247399717 nKoike Kikuchi | 2019/08/06
7月下旬にシント=トロイデンVVの今シーズンのユニフォーム発表イベントが、DMM本社で行われた。

Thumb stvv 20190723 e8a898e88085e4bc9ae8a68b4
©STVV

Thumb thumbnail stvv 2019 20 uni
©STVV

写真⇒(左から)ビームスデザインのGKセカンドユニフォームを着用したシュミット・ダニエル選手、ビームスデザインのセカンドユニフォームを着用した遠藤航選手、黄色のファーストユニフォームを着用したヨアン・ボリ選手

デサントがデザインしたファーストユニフォーム(黄色、灰色)はチームカラーの黄色をベースに、2018-19シーズンも採用し大好評であった『チームの永遠の輝きをあらわすダイヤモンド』をモチーフにしたグラフィックを採用している。

Thumb stvv 20190723 e8a898e88085e4bc9ae8a68b1
©STVV

フィールドプレーヤーはブルー、キーパーはブラックのラインをあしらった。袖口のアンブロロゴアイコンは、各国のユニフォームデザインに採用したアンブロのグローバル共通のデザインアイコンとなっている。セカンドユニフォームにも、袖口に同色のトーン違いでロゴアイコンが入っている。

Thumb  33 endo home s
©STVV

ベルギーと中継を繋いで選手からコメントが入った。

Thumb stvv 20190723 e8a898e88085e4bc9ae8a68b5
©STVV

ーーユニフォームデザインについて 

遠藤航:青のラインが格好良くて、デザインも凄く気に入っています。

シュミット・ダニエル:
色の配色が格好良くて、生地も軽いので動きやすいです。 

ーー
ふと恋しくなる日本食は?

(STVVは『日本産食材サポーター店制度の認定団体』としてJETROから認定を受け、海外の日本産食材サポーター店の認定や、同制度のPR活動等を積極的に行っていく予定ということもあり、この質問が出た)
 
シュミット・ダニエル:
まだこちらに来て間もないのですが、納豆と味噌汁ですね。 仙台では牛タンが有名だったし、実際美味しいのでたくさん食べていましたね。

遠藤航:
生姜焼きですね。あとは味噌汁も食べたくなりますね。 家族と離れていて一人で生活していたのでベルギーではけっこう(料理を)作っていました。

Thumb  33 endo away s
©STVV

【セカンドユニフォーム は『ビームス』がデザイン】

ビームスがデザインしたセカンドユニフォーム(黒、赤)は「フィールドの主役である選手とそのプレーを引き立てる、主張しすぎないデザイン」にこだわっている。

胸とパンツのサイドに勝利(VICTRY)を表す“V”字型のラインを配置し、そのカラーには黒と赤に映える2種のゴールドを採用。深みのある“ディープゴールド”と“ライトゴールド”が緑のフィールドで「VICTORY LINE」として際立つ。

シャツ・パンツ・ストッキングすべてが日本国内で生産したものになる。

Thumb  21 schmidt away s
©STVV

シント=トロイデンVVは現在、開幕2連敗と苦戦を強いられている。鹿島アントラーズから加入した鈴木優磨にも期待がかかることだろう。

Thumb e988b4e69ca8e584aae7a3a8
©STVV

【鈴木優磨 加入時の立石CEO コメント】 

「STVVにとっても日本サッカー界にとっても、センターフォワードの育成が重要だと考えています。鈴木選手はチームの為に走れ、得点も取れるストライカーなので、ベルギーリーグで多くの得点を取り、今年のチームを上位に押し上げてくれると信じています」

次節は日本時間の8月11日 21時30分キックオフのスタンダール・リエージュ戦だ。

新しいユニフォームを身にまとった今季のシント=トロイデンVVの戦いに注目である。

【シント=トロイデンVV ホームページ】
https://stvv.jp/

表紙写真提供:シント=トロイデンVV