447a3219

日本格闘技界に新風を巻き起こすか。ONE チャンピオンシップの事業戦略を探る

いま、ONE チャンピオンシップ(以下、ONE)がアツい。 ONEは、東南アジアや中国で急速に拡大し、いまや、アメリカの「UFC」と勢力を二分する世界最高峰に成長した総合格闘技団体だ。2011年にシンガポールで産声をあげて以来、アジア各国で大会を積み重ねてきたONEが、今年の3月に日本に初上陸を果たして、約半年が経った。そして、来たる10月13日、今度は、記念すべき第100回大会「ONE:CENTURY 世紀」を、両国国技館で行う。 果たしてONEは、日本格闘技界に再び、大きなうねりを巻き起こすことができるだろうか。そのキーマンであるONE チャンピオンシップ日本代表取締役社長の秦アンディ英之氏に、今後の取り組みや事業戦略について、話を伺った。

ไอคอน segawa.taisuke1Yasuyuki Segawa | 2019/10/08
10月5日、6日に行われた「ONE マーシャルアーツ・ ファン・フェス」では、eスポーツを取り入れたことが大きく話題になりました。その狙いを教えてください。  

(秦)理由は大きく2つあります。一つ目は、ONEとeスポーツの顧客層が重なるからです。
現在eスポーツに携わっている競技者は世界で1億3000万人いるとされています。さらに人口超大国の中国では、将来的に3億5000万人もが、eスポーツの競技者になるとも言われています。そのような市場が存在する中で、我々のマーケティングデータを調べていくと、ONEのファンのうち約7割がeスポーツに興味があるということがわかりました。
 さらにもう一つの理由は、eスポーツの発展に、ONEのノウハウが活かせるんじゃないかという発想です。eスポーツのプロゲーマーたちの社会的なステータスは、今後大きく伸びる可能性を秘めています。我々はこれまで、誠実さ、謙虚さ、名誉、尊厳、勇気、規律、慈悲といった精神性を持って、アジア各国で実在するヒーローを作ってきました。我々が持つイベント運営やメディア運営のノウハウ、そしてこれまでの方程式を用いれば、eスポーツでも同じようにヒーローを生み出すことができると考えました。

Thumb newhero
ONEの次世代ヒーロー候補である若松佑弥選手(左)と平田樹選手(右)


実際に「ONE マーシャルアーツ・ ファン・フェス」を開催してみて、どのような手応えを感じていますか?


(秦)今回は、eスポーツとマーシャルアーツ、それぞれのステージでイベントを同時開催していたのですが、まずはやってみることに意義があったと思っています。「マーシャルアーツ・ステージ」では、午前中は新空手の子供達が来場してアットホームな雰囲気で進行しましたが、午後になると、ONE本戦へ向けた登竜門大会である「ONE WARRIOR SERIES」が始まり、あれだけたくさんの若い人たちが集まってすごい熱気を生み出しました。

Thumb tquqb4cq
リングの中で空手を行なうという非日常体験は、子供達の宝物になったことだろう


一方、「ゲーミングステージ」では、多くの一般参加者が鉄拳やSTREET FIGHTERを楽しみ、さらにプロゲーマーたちが卓越した技術に会場が大きく盛り上がりました。その2つの世界を一つの空間に凝縮できたことは、順序としては悪くなかったと思っています。

Thumb 447a3016
©CAPCOM U.S.A., INC. 2016, 2018 ALL RIGHTS RESERVED.

2つのステージでは、eスポーツとマーシャルアーツがそれぞれの世界観で同時に進行していて、そこをファンの方々が行ったり来たりしていることがとても新鮮に映りました。それをやりきってしまうONEのエネルギーはどこから来るのでしょうか?

 (秦)我々も、リミッターが壊されますよね。誰しも、無理だよって思ってしまうことってあるじゃないですか。でも、それがあるとき、急にどっかに飛んで行っちゃって、ひたすら前に突き進んでいくエネルギーに変わるような感覚です。今回は本当にやること自体に大きな意義があったと思っています。

日本では、空前の格闘技ブームが過ぎ去り、その後は厳しい時期が続きましたが、今回、ONEに日本法人が設立され、アンディさんが代表に就いたことに、ONEの本気度が伝わってきます。これから日本の格闘技界も新たなフェーズに入る予感が漂っていますが、ONEはこれからどのようにして、日本のファンを拡大しようとしているのでしょうか?

(秦)私たちは、アジアの武道の精神・文化を重んじながら、東南アジアで、ビジネスとして成功させてきましたが、そこには2つの軸があると思っています。一つ目の軸は、我々はマーシャルアーツと謳っている以上、コアな格闘技のファンの方や、武道に携わっている方々にONEの世界観やメッセージを伝えていくということです。ただ、それだけでは不十分ですので、2つ目の軸になりますが、やはりライトな層に対してメッセージを伝えていかなければなりません。いま、日本ではラグビーのワールドカップが盛り上がっていますが、これは普段、ラグビーを観戦しない方を、巻き込んでいるからですよね。ONEも、本物のエンターテインメントを肌で感じてもらいながら、2つの層に対して、私たちのメッセージを伝えていく必要があると思っています。

Thumb 447a3213


ONEを日本で成長させていくために、他の総合格闘技団体とはどのように差別化をはかるのでしょうか。

(秦)ONEの試合は、全体の7割が2ラウンドで決着しています。これは、アジアの格闘技が、ムエタイや空手、テコンドーなどの立ち技がベースにあることと無関係ではないと思います。この特性は、地上波はもちろんですが、モバイル端末を主軸にしたメディア戦略にぴったりと合いました。その結果、スマートフォンで映像で楽しむ若者にも受け入れられ、視聴者数が伸びています。

Thumb 447a3216


さらに、ONEは競技性を重視しています。これまでの日本の格闘技界は、興行文化の元で成立してきました。興行では、ストーリーが先に存在し、そこに選手たちを当てはめながら最適化していきます。ですが、ONEの場合は、まずは純粋に選手たちが上を目指して戦い、それが結果的にストーリーを生み出し、興行として成立するという考え方です。これらは、どちらが良い悪いではなく、順序が違うのです。実は、この競技志向の考え方は、グローバル化しやすいというメリットがあります。興行の場合、国ごとに独特の文化があるので、それをグローバルに共通化することは難しい。つまり、ONEの場合は、スポーツビジネスとして、グローバル化していることが大きな違いと言えるかもしれません。
  

Thumb vkcdbhwu
アマチュア修斗公式試合で選手を労う秦アンディ英之氏(右)と佐藤ルミナ
氏(左)

ONEはプラットフォームとしての機能を持っていると思います。選手供給という点では、修斗やパンクラスといった日本の老舗の総合格闘技団体と提携し、世界への繋がりを提供しました。それ以外には、具体的にどのような点でプラットフォームとして機能させようとしているのでしょうか?

(秦)私たちはスポーツ・メディア・プロパティであると公言しているように、ビジネス上は、メディア会社として発信しています。その意味では、フェイスブックのようなプラットフォームビジネスとなんら変わりはなくて、多くの人にONEを見ていただき、そこにビジネスをのせてマネタイズしていくことになります。特に我々のようなスポーツでビジネスをする場合は、IPビジネス(Intellectual Property Bussiness・知的財産ビジネス)を基本軸に展開していくことになります。

Thumb susu3364


また、事業体としてプラットフォームを流動化する、もしくは多面化するという意味では、冒頭で話題に上がったeスポーツプラットフォームだったり、ONEスタジオという映画プラットフォームだったり、ONEエリート・エージェンシーっていう選手の育成プラットフォームだったりと、広がりをみせています。まだ始まったばかりですが、成長性のあるところに、どんどん投資していくという考えでいます。

ONE
は、単なる格闘技団体ではなく、スポーツ・メディア・プロパティと言っている意味がよくわかりました。格闘技界の尺度で収まらないONEの今後の動きに期待しています。

(秦)はい。10月13日は、本物のエンターテインメントをお見せできると思いますので、ぜひ会場に足を運んでいただければと思います。

Thumb 447a3211

取材・文・写真:瀬川泰祐
 
■ONE Championship公式サイト https://www.onefc.com/jp/

■大会名:ONE: CENTURY 世紀

■日程:   2019年10月13日(日)
第1部:  7:30開場   8:30開始 14:00終了(予定)
第2部:16:00開場 17:00開始 23:00終了(予定)

■開催地:両国国技館(東京都墨田区横網1-3-28)

■対戦カード:
第1部:7:30開場   8:30開始 14:00終了(予定) 放送:AbemaTV 格闘チャンネル(https://abema.tv/channels/fighting-sports/slots/EkZXesra1QK4t7)  
Thumb 191013part1
(メインイベント) 女子アトム級世界タイトルマッチ:アンジェラ・リー vs ション・ジンナン  
(コーメインイベント) フライ級ワールドグランプリ決勝:デメトリアス・ジョンソン vs ダニー・キンガッド
(コーメインイベント) ライト級ワールドグランプリ決勝:エディ・アルバレス vs ザイード・フセイン・アサラナリエフ
(第8試合 ) ムエタイ 女子アトム級:ジャネット・トッド vs エカテリーナ・ヴァンダリーバ 
(プレリム第7試合) フライ級:若松 佑弥 vs キム・デファン
(プレリム第6試合 ) ムエタイ ストロー級:サムエー・ガイヤーンハーダオ vs ダレン・ローラン
(プレリム第5試合) ウェルター級:岡見 勇信 vs アギラン・ターニ 
(プレリム第4試合) 女子アトム級:平田 樹 vs 石毛 里佳
(プレリム第3試合) ストロー級:池田 仙三 vs リト・アディワン
(プレリム第2試合) フェザー級:プー・トー vs ユン・チャンミン 
(プレリム第1試合) キャッチウェイト/68kg:スノト vs クォン・ウォンイル   

第2部:16:00開場 17:00開始 23:00終了(予定)  放送:AbemaTV 格闘チャンネル(https://abema.tv/channels/fighting-sports/slots/F9RT64eAMEefHq)
 
Thumb 191013part2
(メインイベント) ライトヘビー級世界タイトルマッチ:アウンラ・ンサン vs ブランドン・ベラ
(コーメインイベント) バンタム級世界タイトルマッチ:ビビアーノ・フェルナンデス vs ケビン・ベリンゴン
(コーメインイベント) フライ級ムエタイ世界タイトルマッチ:ロッタン ・ジットムアンノン  vs ウォルター・ゴンサルベス
(コーメインイベント) フェザー級キックボクシングワールドグランプリ決勝:ジョルジオ・ペトロシアン vs サミー・サナ 
(第7試合) ライト級:青木 真也 vs ホノリオ・バナリオ
(第6試合) ヘビー級:マウロ・チリリ vs アルジャン・ブラー
(第5試合) 女子アトム級:山口 芽生 vs ジェニー・ファン
(プレリム第4試合) ストロー級/修斗vsパンクラス 王者対決マッチ:猿田 洋祐 vs  北方 大地 
(プレリム第3試合) バンタム級/修斗vsパンクラス 王者対決マッチ:佐藤 将光 vs ハファエル・シウバ
(プレリム第2試合) ウェルター級/修斗vsパンクラス 王者対決マッチ:エルナニ・ペルペトゥオ vs 手塚 裕之
(プレリム第1試合) ライト級/修斗vsパンクラス 王者対決マッチ:松本 光史 vs 久米 鷹介    


観戦チケットはこちらから  https://onechampionship.zaiko.io/e/onecentury