Dsc 0336% e3% 81% ae% e3% 82% b3% e3% 83% 94% e3% 83% bc

เล่มที่ 1 "ฉันต้องการขัดด้านป้องกัน" เกี่ยวกับสาเหตุที่ Anzai Yuuki ไปที่โปรตุเกส

2019年7月からポルトガル1部のポルティモネンセSCでプレーをする日本代表の安西幸輝選手(24歳)。育成年代を東京ヴェルディで過ごし、プロサッカー選手として東京ヴェルディ、鹿島アントラーズでプレーし、2019年3月から日本代表にも選出され続けている。今、大注目のサイドDFの安西選手に、現地ポルトガルでサッカーに懸ける想いを伺ってみた。

ไอคอน aff20898 d2d2 431d 8b05 0f3c5e5ae91bHidemi Sakuma | 2020/01/31
Thumb 49016044887 f7cd595ced c

ーー安西選手、まずサッカーを始めたきっかけを教えてください。

安西:物心ついた頃からサッカーを始めていましたからね(笑)。  

ーー憧れの選手はいましたか?
安西:小さい頃から内田篤人君(鹿島アントラーズ)に憧れ、目標にしてきました。篤人君はサイドバックのお手本のような選手なので、自分が超えるためには、もっと努力しなければならないと思います。  

ーープロサッカー選手になりたいと思ったのは、いつですか? 
安西:中学生までは体が小さく、これと言った武器もなかったので、正直プロになれるとは思っていなかったですよね。それで中3の時に、ちょっとずつ体が大きくなってきて同学年の選手たちとスピードが変わらなくなり、都並敏史さんに「絶対にプロ選手になってもらうから」と言われたことで自信がつきました。高1からサイドバックを本格的に始めると、「プロになれる」と思うようになりましたよね。 

ーープロ選手になるために、何をやるべきでしょうか?
安西:プロの世界には技術が上手い選手なんて幾らでもいるので、チームのために走れるかとか、体を張れるかとかが凄く大事だと思います。世界で活躍するトップレベルの選手は、これらを当たり前のようにやっていますからね。  

ーー安西選手は運動量が豊富です。かなり走り込んできましたか?
安西:そうですね。中学と高校では、コーチが作ったメニューをこなしていました。インターバル走やシャトルランをよくやりましたし、それらが今でもためになっていると思います。

Thumb dsc 0329

ーー2019年7月からポルティモネンセSCでプレーしています。なぜ移籍をしたのですか?

安西:東京ヴェルディユースの先輩の中島翔哉君が活躍をしてFCポルトに移籍をしたので、僕も「翔哉君みたいになりたい」と思い、ポルトガルにやって来ました。  

ーーポルトガルの生活に慣れましたか?

安西:チームに通訳の棈松正人さんと権田修一さんがサポートしてくれるので、すぐに慣れました。でも、国内の試合の移動が全てバスなので、めちゃくちゃきついのですよね(笑)。ポルティモネンセは飛行機を使わないのですよ。FCポルトのスタジアムに行くときは、片道8時間近くバスに乗るので、まじきついっす(笑)。試合後はバスで夜中に帰ってきますし、日本では考えられないですよね(笑)。 

ーーリーグ戦を会場で拝見しました。かなり冷静にプレーしていますね。
安西:普段から落ち着いてプレーできていますし、チームメイトを尊重し、信頼してやっています。試合中にボールを欲しいタイミングでもらえないことはありますが、これから実力を高めて自分の存在を認めさせたいですね。 

ーーポルティモネンセと鹿島のサッカーに違いを感じますか?

安西:ポルトガルの選手は1人1人のクオリティーが凄く高く、試合でワンプレーに懸ける必死さ、プレッシャーの速さが段違いだと思います。技術に関しては鹿島の方があるかなという印象ですね。 


試合写真/ポルティモネンセSC 
取材写真/佐久間秀実