% ถ้า 91% BC%

英雄たちが愛した歴史的スパイクVOL.60 「追悼・ゲルト・ミュラー選手編」

旧西ドイツの往年の名FWとして活躍されたゲルト・ミュラー選手が先月逝去されました。今回は、長きにわたりW杯通算得点記録保持者だったミュラー選手がW杯得点王を獲得されたころのスパイクを中心にご紹介いたします。

ไอคอน 29634314 1815368455432881 1085668874 oHiroaki Konishi | 2021/09/16
  我々世代で「ボンバー」と言えば中澤選手ではなく、「爆撃機」の異名をとったゲルト・ミュラー選手でした。

 西ドイツ代表として3位になった70年メキシコW杯では10得点で得点王を獲得し、74年の母国で行われたW杯でも4得点し、優勝に貢献されました。

 28歳で代表から引退され、W杯にはこの2大会しか出場されていませんが、通算14得点(13試合出場)は私がサッカーを始めたころの40年近く前でも突出した記録でした。
 多くの追悼記事にミュラー選手の得点に関する数々のすさまじい記録が紹介されていますが、そのころのスパイクにフォーカスしたものは少ないと思います。  

 巻頭写真は72年ごろのバイエルン・ミュンヘンの試合だそうです。

 バイエルンでの背番号は「9」だったと思いますが、スパイクのソールにはミュラー選手の象徴的な代表での背番号「13」が記されています。  

 おそらくクラブでも代表でも使っていたミュラー選手のアディダスのスパイクですが、これについては後ほど触れるとして、まず、得点王を獲った70年大会の画像が図1です。
Thumb efbc92
รูปที่ 1
 準々決勝西ドイツ対イングランド。スーパースター(ベッケンバウアー選手、チャールトン選手、ミュラー選手)3人ともアディダスのスパイクです。右はミュラー選手のスパイク
 

 70年当時のアディダスのサッカースパイクの市販モデル数はそれほど多くなく、おそらくW杯出場選手が使うようなモデルは図2の「2000」か「COSMOS」だったと思います。
นิ้วหัวแม่มือ 3รูปที่ 2 70年ごろのアディダスの商品カタログのサッカースパイク。固定式(右)に比べ取替え式の方がかなり高額です。 

 私は80年代のスパイクについては多少詳しいですが、70年W杯はまだ5歳程度でしたので、リアルタイムで当時の映像や画像を見ていたはずがありません。また、80年代のモデルはいくつか集めましたが、70年代当時のプロ選手用モデルについては見つかるはずがないと思い、収集の対象外でした。

 しかし、昨年、คลิกที่นี่でご紹介した「先生」から70年代の多数の貴重なモデルやカタログ(図2)をお譲りいただき、今回もその中からご紹介します。 Thumb efbc94รูปที่ 3 モデル2000。アッパーはアディカーフ製。カタログ写真のようなヒールの部分にストラップがありません。「COSMOS」は「光る革」製と書かれており、アディダス最初のカンガルー革製モデルだったかもしれません。 

 おどろくことに「先生」はカタログに載っていないモデルもお持ちでした(図4)。70年W杯出場選手特別モデルかもしれませんが、シュータンマーク裏のデザインが新しいので、復刻版の可能性もあります。
Thumb 5รูปที่ 4 カタログにも載っていない、その名も「SPECIAL」。かかとの白い部分が大きく、ステッチの数がモデル2000よりも多くなっています。  中敷きもかなり特別な形状をしています。   นิ้วหัวแม่มือ 6
รูปที่ 5 固定式の「TORNADO。ちなみにプーマにも同じ名前のモデル(アッパーが赤色)があります。70ปี พ.ศ.杯の時、ペレ選手がこのモデルを練習用に履いていたそうです。  

 カタログ中には「フランツベッケンバウエル」という比較的安価なモデルもありますが、おそらくこれが選手の名前のついた一番古い「シグネチャーモデル」ではないかと思われます。  
 70年W杯で多くの選手が愛用したアディダスのモデルは、ソールがいくつかの金属の留め具で固定されていました。

 しかし、70年W杯後のミュラー選手のスパイクのソールは金属の留め具がなく(巻頭画像、図6)、かかとの白い部分も大きくなっている気がします。
นิ้วหัวแม่มือ 7รูปที่ 6 72年ごろのミュラー選手。70ปี พ.ศ.杯のモデルとは違うように見えます。 

 74年W杯はアディダスの地元、西ドイツで開催されるので、W杯モデルの「WORLD CUP74」が開催前年の73年ごろに発売されました。
このころのモデルは名前が同じでも微妙に違っている点が多々あったようです(図7)。 Thumb efbc98รูปที่ 7 WORLD CUP74の広告。海外版(左)、国内版(右)。シュータンのマークや材質、ソールの金属留め具の有無など違う点が多く見られます。また、同じモデルにカンガルー革版とアディカーフ革版があり、カラフルなラインのモデルが多く発売され、新たにウーベ・ゼラー選手のシグネチャーモデルが追加されました。 

 74年西ドイツW杯ではWORLD CUP74の他、WMトップスターหรือワールド・チャンピョンも使用されたことをคลิกที่นี่で紹介しました。


 また、2015年にオープンしたドイツサッカー博物館には74年大会のミュラー選手の実使用スパイクが展示されています(図8)。おそらくWORLD CUP74だと思いますが、図9のモデルとは異なる部分があるようです。
Thumb efbc99รูปที่ 8 74年大会のミュラー選手(右・富越さんの写真です)と、ドイツサッカー博物館のミュラー選手のスパイク(左)。シュータンマークはプリントのようです(図7右タイプ)。 นิ้วหัวแม่มือ 10รูปที่ 9 「先生」から譲っていただいたWORLD CUP74。ラインは白で、ソールには金属留め具があり、シュータンマークは青い布製です。 

 アディダスのミュラー選手シグネチャーモデルはご自身が代表から引退された後の、76年ごろからたくさん登場しました。

知っているだけでも
 「ゲルト・ミュラー」
 「ゲルト・ミュラーゴール」
 「ゲルト・ミュラーハットトリック」
 「ゲルト・ミュラーWM」
 「ゲルト・ミュラーブルースター」 などなど。

 また、他の選手モデルと大きく違うのは、シグネチャーモデルの復刻版やスニーカーがあり、アディダスの中でもとても重要なサッカー選手だった証だと思います。 Thumb 11รูปที่ 10 76年ごろのアディダスのスパイク広告(上)。ゲルト・ミュラーハットトリックはシグネチャーモデルの中でももっとも高額で、まさしく図8の実使用モデルを忠実にコピーしていたようです。 左下は98年ごろ復刻されたゲルト・ミュラーゴール。右下は同時期に発売されたゲルト・ミュラーのスニーカー版。 

 ミュラー選手のW杯通算得点記録は06年ドイツ大会にブラジルのロナウド選手に塗り替えられましたが、その後06年大会の得点王クローゼ選手が14年ブラジル大会でさらに記録を更新しました。
 

 クローゼ選手の06年大会の実使用スパイクもドイツサッカー博物館に展示されていますが、取替え式なので「WORLD CUP」と思っていたら、表示は「COPA MUNDIAL」(ふつうは固定式しかない)でした(図11)。
ある意味珍品だと思います。 นิ้วหัวแม่มือ 12รูปที่ 11 06年ドイツW杯得点王クローゼ選手の実使用スパイク(左)。取替え式ですが「COPA MUNDIAL」と表示されています。たしかに当時の画像でも取替え式(?)COPA MUNDIALを使っています。 

 我々世代で「得点王」として思い浮かぶのは日本では「釜本さん」ですが、世界ではやはり「ゲルト・ミュラー」選手ではないかと思います。

 図12のように「ゴールデンブーツ」が本当によく似合う選手でした。

  謹んでご冥福をお祈りいたします。 นิ้วหัวแม่มือ 13รูปที่ 12 W杯66年大会と70年大会の得点王のお二人。右はエウゼビオ選手(2014年逝去)。手にしているゴールデンブーツのモデルは図4の「SPECIAL」に見えます。  

(画像はサッカーダイジェスト、サッカーマガジン、イレブン、ゲッティ・イメージズ様などより転載させていただきました)