qqqq

แฟน ๆ ของนักวิ่งระยะไกล·ฟูจิวาระชินวอลเปเปอร์ฉบับที่ 8 "มอเรเลีย 2 สามารถเรียกใช้สติ"

ตัวแทนโอลิมปิกลอนดอนโอลิมปิกมาราธอนผู้เล่นใหม่ของฟูจิวาระเลือก "Spikes ที่ไม่เหนื่อยแม้กระทั่งเมื่อวิ่ง 10 กม." นี่คือ "มอเรเลีย 2" ของ Mizuno ที่จะลองครั้งนี้ การประเมินผลงานชิ้นเอกที่ผู้เล่นหลายคนชื่นชอบ ... เป็นอย่างไร

ไอคอน kanekoทอง Daren | 2016/12/28
 <บทสัมภาษณ์ที่ 1 คือที่นี่>
 <บทสัมภาษณ์ที่ 2 คือที่นี้>
 <บทสัมภาษณ์ที่ 3 คือที่นี่>
 <บทสัมภาษณ์ที่ 4 คือที่นี่>
  <インタビュー第5回はこちら>

 <บทสัมภาษณ์ที่ 6 อยู่ที่นี่>
  <บทสัมภาษณ์ที่เจ็ดคือที่นี่>


――続いてはミズノのモレリア2について、お願いします。  

ฟูจิวาระ:走ってみて思ったんですけど、プーマのパラメヒコ、アディダスのパティーク・グローロ、アンダーアーマーのクラッチフィットと履いてきて、これだけ味が全然違うんですよ。  

――味が違う?

 Thumb img 2490

ฟูจิวาระ:ベロの形状のせいなのかもしれませんけど、このスパイクだけ、圧倒的に長距離クルージング用っていうか。  

――長距離クルージングとは?  

ฟูจิวาระ:サッカーって、ダッシュをしなきゃいけない場面と同じぐらい、あるいはそれ以上に、巡行速度での移動っていうか、スプリントしなきゃいけないポジションに移動するためのランニングもあるじゃないですか。  

――はい。  

ฟูจิวาระ:さっき履いたアンダーアーマーのクラッチフィットは、スプリントをするには申し分ないんだけど、そこに移動するまでのランニングがストレスになるんじゃないか。そんな気がしたんです。でもモレリア2はランナー的な物言いをさせてもらうと、コスト重視の走りができそうで。  

――コスト重視の走り、ですか。

Thumb img 2485 

ฟูจิวาระ:要は、A地点からB地点に移動するために必要なエネルギーが少なくて済むってことです。つまりは疲れにくいってこと。サッカーの場合、結果的に無駄になってしまうランニングも多いでしょうから、そこでのエネルギー消費を最小限にするのって、結構大事だと思うんですけど。  

――もちろん大事です。ただ、サッカーをやっている人間で、ランニングの際のエネルギー消費を最小限にするという発想は、ほぼ誰にもないと思います(笑)。それよりも、もっと走れるようにしなきゃと考えるばっかりで。  

ฟูจิวาระ:走り方次第で、エネルギーの使い方ってずいぶん変わってくるんですけどね。それこそ、走りながら休むこともできるようになりますし。  

――以前からおっしゃっていましたよね。歩くより走る方がラクだとか、身体が空中にあるコンマ何秒間は休むことができるとかって。  

ฟูจิวาระ:そうなんですよ。地面との戦いという観点からすると『歩き』というのは、ずっと力を入れていなければならない移動方法なんですけど、『走り』の場合は、ゼロになっても移動できている瞬間がある。それが空中にある時なんです。  

――わかったような、わからないような(笑)

 ฟูจิวาระ:イメージしてもらいやすいのは自転車かな。自転車を漕ぐ時、常に力を入れ続けているわけではないですよね。片足が踏み込んでいる時、もう一方の足は休めています。水泳にしてもそう。力を入れて水を掻いている瞬間と、そうでない瞬間がある。でも歩くという作業には、そういう瞬間がないんですよ。休む瞬間がある移動方法と、ない移動方法。エネルギー効率、時間の効率を考えると、どちらがラクかはわかっていただけますよね。  

――おお、やっとわかってきた気がします。で、このモレリア2はそうしたランニングに適していると?

Thumb img 2486 

ฟูจิวาระ:そう思います。これだけアッパーがしなやかだと、走っているうちに足に食い込んでくる心配をしなくてよさそう。一番大きいのは、このスパイクがスピードの出る『踵(かかと)着地』がしやすい形状をしているってことかな。  

――スピードの出る踵着地?

Thumb 15672988 784182378387437 1613807794089144859 n 

ฟูจิวาระ:走法には大まかにいうと爪先着地と踵着地があって、爪先着地といえどもスプリント・オンリーではないし、踵着地=ゆっくり走ると決めつけられないところもあるんですけど、マラソンランナー藤原新としては、スピードの出るタイプの踵着地が自分の走り方なわけです。で、このモレリア2だと、意識しなくても普段の自分の走り方ができる。シューズのタイプとしては、アンダーアーマーと対極にある一足かな、と。  

――なるほど。  

ฟูจิวาระ:爪先走りがダメだってわけじゃないんですよ。ぼくみたいなタイプのランナーにとってはあまり必要ないというか、それこそ前を走っているランナーが転んだとき、それを避ける時に必要なぐらいで。あ、ぼく、それも割と得意なんですけどね(笑)  

<vol.9に続く> 1月4日公開予定