Aaa

ผู้สมรู้ร่วมคิดของผู้ก่อตั้ง K ·ปริมาตรภายนอก vol.21 "การโต้กลับจากไขมันในร่างกาย 29.9% / ฉันเข้าสู่ร่างกาย! ตอนที่ 14 ·การดื่ม Yukimi ที่ Ikaho Onsen ฉันกลายเป็นหวานกับตัวเอง "

เมื่อฉันไปที่สระว่ายน้ำกับลูกของฉันมันจะเป็นตัวที่น่าอับอาย! Kimiko Tatsuhito (อายุ 50 ปี) ผู้โปรโมตเกียร์ของพระบาทสมเด็จพระเจ้าอยู่หัวผู้ไม่ชอบการออกกำลังกายพบปะกับผู้ฝึกสอนส่วนบุคคลและเริ่มฝึกด้วยการเล็งกายที่เปลือยเปล่า ผลลัพธ์เริ่มปรากฏในช่วง 3 เดือนแรกน้ำหนักไม่ผ่านแม้หลังจากปีใหม่ของการดื่มและการกิน

ไอคอน kanekoทอง Daren | 2017/01/27
天気予報によると、週末の北関東は大雪だという。聞いた途端、居ても立ってもいられなくなってしまった。  

温泉で雪見酒がしてえ。  

さっそくネットで検索してみると、正月明けということもあって、かなりおトクな値段設定をしているところがいくつかあった。三が日だと1泊素泊まり1人3万円ぐらいしていたところが、家族3人2食つきで3万円を切ってしまうのである。  

というわけで土曜日の朝から群馬県伊香保温泉に出かけていき、思う存分、雪見酒を堪能してきたわたしである。  

で、気づいたことがあった。やっぱ、身体って大事。  

温泉に入るということは、公衆の面前で裸体をさらすと言うことである。たいていの方がそうであるように、わたしも温泉を愛してやまない人間だが、振り返ってみるに、ここ数年、数十年のわたしはどこかオドオドしながら更衣室に入っていたような気がする。  

いろいろと貧弱なのが情けなくて。  

これはわたしだけなのかもしれないが、以前のわたしには、温泉やゴルフ場の大浴場に入るたび、周囲のお客さんといろんなところを比較して勝った、負けたをジャッジしてしまう傾向があった。  

ด้วยความพยายามของฉันแม้ว่าฉันสามารถกำจัดความสูญเสียในสิ่งที่ฉันไม่สามารถทำได้ (แม้ว่าจะเป็นสิ่งที่เจ็บปวดก็ตาม) ความพยายามของบุคคลและความเหนียวแน่นปรากฏขึ้นอย่างชัดเจนไม่ว่าจะเป็นร่างกายที่แนบหรือเกี่ยวข้องกับกล้ามเนื้อ ดูเหมือนว่ามันตกใจมากถ้าฉันคิดว่าการสูญเสียได้รับมากขึ้นเรื่อย ๆ ทุกปี
 

เพราะใน Ikaho Onsen ในเดือนมกราคมปี 2005 ฉันซ่อนผ้าเช็ดตัวไว้เป็นส่วนหนึ่งที่ฉันไม่สามารถเอาชนะได้เพราะฉันประหลาดใจมากที่ได้เห็นภาพที่น่าอัศจรรย์ใจและฉันก็ดึงเสื้อผ้าออกจากห้องเปลี่ยนเสื้อผ้า
 

まだ腹周りはたぷんたぷんしている。誰が見てもかっこいいと思える身体にはほど遠い。けれども、貧弱で情けなくて、つい卑屈になってしまうような身体ではなくなってきたという自覚が、気持ちを前向きにしてくれた。  

思うに、02年の阪神タイガース的心理状態なのかもしれない。負けて負けて負けまくった前年までの暗黒時代を思えば、たかだか4位になれただけでも大満足…な感じである。  

でもって、翌年には優勝するんですけどね。  

ตราบเท่าที่ฉันไปที่ Ikaho มันก็ไปโดยไม่บอกว่าเราไม่เพียง แต่กำลังเพลิดเพลินกับน้ำพุร้อนเท่านั้น ขณะที่ฉันไม่สามารถเอาชนะช่วงปีใหม่ได้ฉันกำลังดื่มและทานอาหาร

Thumb dsc05278 

というのも、飲みまくった挙げ句の締めペヤングとか、傍若無人の限りを尽くしたお正月明け、『ボディゴールド』で乗った今年最初の体重計の数字は、年末とほとんど変わっていなかったからである。  

แต่ก็ลดลง

Thumb img 1548

9月にトレーニングを始めてからというもの、ベンチプレスにしろスクワットにしろ、あげられる重量は確実に増えてきている。ということは、間違いなく筋肉の量は増えているはずなので、傍若無人な日々がなかったとしても、体重が減る要素はないはずだった。  

にも関わらず、体重ダウン。わたしは確信した。  

小林製薬の『ナイシトールZ5000』なのか、『ドンキホーテ』で1980円で購入したサプリ『燃焼系超速プログラム・オールスターズ・ダイエット』なのか、はたまた雪印メグミルクの『ガゼリSPヨーグルト』なのか。どれが効いているのかは定かでないし、ひょっとすると3つの相乗効果が出ている可能性もあるが、とにかく、いまの自分は太らないモードに突入している。  

飲んでるものが、役に立っている!  

秋から冬にかけて大活躍してくれた腹筋を鍛えるマシーンは、12月に入ったぐらいでお役御免になってしまった。週2回、『ボディゴールド』で痛めつけられまくった腹筋からすると、あまりにも負荷が軽すぎるように感じられてきたからである。自分としては十分にもとはとったつもりだが、ヨメの視線には冷たいものが混じる。  

だが、これまた冷たい視線を浴びつつ購入してきた数々のサプリや健康食品は、どうやら一定の効果をあげてくれているらしい。  

というわけで、ちょびっとばかり自分に甘くなることにした。  

炭水化物、ちょっと解禁。脂っこいもの、ちょっと解禁。日本酒頻度、ちょびっとアップ。  

「ま、いまは体重を気にするより、筋肉増やすことを考えた方がいいかもしれませんしね」  

こちらが呻くと笑顔になるキム・“S”・ガンミョン君からもお許しをいただき、伊香保温泉で再び暴飲暴食をしまくったわたしである。  

โดยวิธีการที่วันหยุดสุดสัปดาห์น้ำหนักยังไม่ได้เพิ่มขึ้นยัง

Thumb img 1282Thumb banner 2016 02 03

ความร่วมมือในการครอบคลุม /หากคุณสนใจในห้องออกกำลังกายแบบตัวต่อตัวที่ได้รับความนิยม (เดิน 5 นาทีจาก Yoyogi Uehara) คลิกที่แบนเนอร์ด้านบน!