2

"ฉันเข้าใจผิดในยุค Urawa ฉันจำได้ว่าอายุ 16 ปีของฉันได้รับการโอนย้ายจากเกาหลี"

Escudero ที่มองย้อนกลับไปในฐานะ "ฉันเข้าใจผิด" เมื่อฉันกลายเป็นมืออาชีพ ในเวลาดังกล่าวสิ่งที่ทำให้ผมนึกถึง "การสอนอาร์เจนติน่า" ที่เกิดขึ้นภายใต้อะไรที่เกิดขึ้นที่ FC Seoul? Rie Kato

ไอคอนไอคอน Kinggearฝ่ายบรรณาธิการของ KING GEAR | 2017/02/08
จากฉบับที่ 1 ที่นี่

Kato
:日本の習慣に完璧に馴染もうと決意してからも、戸惑う事はたくさんあったでしょう?  

Escudero:いっぱいありますよ~! アルゼンチンって、夏はみんな上半身裸なんですよ。電車やコンビニも普通にそれで。でも、日本ではダメじゃないですか。それを知らなかったので…。  

Kato:まさか(笑)!?  

Escudero:戸惑いました(笑)。他にもアルゼンチンでは、デオドラントスプレーをお風呂上りにするのが当たり前なんですね。匂いに対して敏感だから、小さい頃から“汗や口臭はちゃんとケアしなさい”って習うんです。なので、日本でも学校に行く前にシャワーを浴びて、デオドラントして行ったら…。  

Kato:中学生だと怒られますよね~。  

Escuderoวันแรกของโรงเรียนมัธยมต้นถึงแม้ว่าฉันไม่เข้าใจภาษาญี่ปุ่นฉันก็ถูกข่มขู่พ่อแม่ของฉันถูกเรียก "มีนักเรียนบางคนที่รู้สึกไม่สบาย" บางอย่างเช่นการชุมนุมตอนเช้ายังรวบรวมคนจำนวนมากในสภาพอากาศอันร้อนแรงเช่นนั้นและกล่าวว่า "ฤดูใบไม้ร่วงมา" ใช่หรือไม่? มันอึดอัด บางคนลงไปและเป็นอันตราย
 
Thumb dscf1847

Kato
:謎の慣例がいろいろありましたよね(笑)。イライラしたでしょうね。  

Escudero:嫌なことがあったらスペイン語で悪口言って、その後“ふふっ”って笑って誤魔化していました(笑)  

Kato:周りの子と仲良くなるのに、時間はかかりましたか?  

Escudero:中2のときは青梅、中3は埼玉。高1は埼玉栄に通っていて、高2で学校を辞めているんですけど、その時の友達ってほとんど…いや一人もいないかな。  

Kato:完全に日本に馴染むには時間がかかったんですね。それでも「日本人になる!」と?  

Escudero:中3の頃キリンカップで、アルゼンチンが日本に4-1で勝った試合を見たんです。その時に、日本人になって、日本の代表になって、アルゼンチンやブラジルなどの強豪をW杯の決勝で倒したいと思いました。それができれば本当にすごいと。  

Kato: คุณต้องการเอาชนะอาร์เจนตินาใช่มั้ย?
 Thumb dscf1836

Escudero:もちろん僕はアルゼンチンで育ったんだけど…。僕、強いチームと戦うとすごく燃えるんです。すごく楽しい。相手が強いほど自分もうまくなれるし、味方がうまいほど自分もうまくなれる。日本代表はみんなすごくレベルが高いですが、自分はそこにはない武器を持っている。それを出せたら、さらにレベルが高くなれると思っているんです。チームが強くなるための一つの箱になれるかなと。  

Kato:箱!?  

Escudero:いろんなプレースタイルの箱がいっぱいあって、その中の一つの箱。  

Kato:今のたとえ、初めて聞きました(笑)。ではここでズバリ! エスクデロ選手の“マイ・ファースト・スパイク”を教えてください。  

Escudero:浦和レッズのマスコットがついた子供用の靴です(笑)  

Kato:ありましたねぇ~懐かしい(笑)あれってスパイクでしたっけ?  

Escudero:ポイントのついてない普通のシューズです。3、4歳頃、日本の小学生チームに混ざってサッカーを始めたのですが、土のグラウンドだったのでスパイクは履かなかったんです。  

Kato: ฉันเห็น แล้วทำไมคุณถึงเริ่มใส่เข็ม?

Thumb dscf1807 

Escudero:7歳くらいの頃、お父さんが僕のプレーを観て、日本にいるよりもアルゼンチンでやったほうがいいって判断して、日本の仕事を断ってアルゼンチンに行きました。帰った最初の1年はスペイン語の勉強があったので、練習が夜だけのフットサルをやっていましたが、小4から近くのHaedo sulというクラブに入りました。スパイクはその時におじいちゃんが買ってくれたTopper(トッパー)が最初です。  

Kato:アルゼンチン=プーマというイメージがありましたが、Topperが人気だったんですか?  

Escudero:ちょうど色のついたスパイクが流行ってきた時期とも重なって、安くて丈夫なTopperやディアドラが子供の間では人気でした。僕はTopperの安くてデカいサイズのスパイクを与えられたんです(笑)。小4のときに買ってもらったのに、小5でも余裕で履けたという! しかも、壊れると直してくれるんですよ。フタバスポーツのようなお店で、剥がれたポイントを貼ったり。  

Kato:エスクデロ家は、スパイクが壊れたら、新しい物を買ってもらえるような環境だったのでは?  

Escudero:お父さんがサッカー選手だったので、生活レベルはそれなりではあったんですが、裕福に育てられたことは一度もなくて。スパイクも長く履かなきゃダメだし、壊れてもすぐには買ってもらえない。外食に行っても、ジュースは頼んじゃダメとか(笑)  

Kato:しっかりしていますね。  

Escudero:アルゼンチンでは、サッカー選手ってすごくお金がもらえるので勘違いして、痛い目を見る人も多いんです。だけど本当にすごい人っていうのは堅実で…。たとえば、ウルグアイのフォルランの子供は、町の汚いグラウンドで、ドロドロの中で傷だらけになりながらサッカーをやっていて、スパイクが壊れてもすぐには買わないそうです。マラドーナは…痛い目に遭っていますよね(笑)。そういうのがあるから、うちのお父さんは厳しく、必要以上の物を与えてくれなかった。  

Kato:なるほど。  

Escudero:今でもスパイクは大事にしていますよ。試合の後はお風呂で洗って、履かなくなったらアルゼンチンに送る。FCソウル時代も「なんでそんなにスパイクを洗うの?」「壊れたら新しいのを貰えるじゃん」ってよく言われました。でも僕は、そのスパイクに愛情があるから。  

Kato:自分で洗うんですか?  

Escudero:そうです。歯ブラシで。  

Kato: โอ้! มีทีมที่มี Hepeiro ใช่ไหม? นอกจากนี้ในยุคสีแดง?

Thumb dscf1828 
Escudero:レッズの時はやってなかったです。僕、あの頃はすごく勘違いしていました(笑)16歳でプロになってちやほやされて、お金ももらって。レッズはどこに行っても知られていて、Jリーグ優勝、天皇杯優勝、ACL(AFCチャンピオンズリーグ)も出て…。自分が何もしなくても優勝できるチーム。ベンチに座っているだけで名前は残る。勘違いした結果、何もできなかったのが正直なところで。  

Kato:昔インタビューさせてもらった時との変化に驚いています。  

Escudero:韓国に行って、いろいろ思い出したんです。韓国って、練習中からガツガツしていてアルゼンチンみたいなんですね。FCソウルは素晴らしいクラブだったけど、レッズと同じように周りがいろいろやってくれるかというと、そうじゃない。韓国でいろんな事を考えました。そこで、かつてのプロになることを目指していた、16歳の自分に戻れたんです。それがあったから韓国や中国で活躍できて、日本に帰ってからも自分のプレーを表現できたのかなって。  

Kato:いろんな事に気付いたきっかけはあったんですか?  

Escudero:2014年のACL準決勝、シドニーFC戦でビッグチャンスを3回外して、そこから1ヶ月間、セカンドチームで練習させられたことがありました。毎日2部練か3部練で、フィジカルトレーニングばかり。トップチームの選手、監督とも一切顔を合わせない。そこに1ヶ月いるって相当なメンタルが必要で、お父さんに「日本に帰ってきていいよ」と言われた程でした。  

Kato:すごく悔しいですよね…。  

Escudero:でもその時に、自分がどんな選手になりたいのかはっきりしたんです。過去の自分がその状況にいたら、怒って練習後はすぐに帰って家で愚痴って、次の日も同じことの繰り返しになっていたと思うんですけど、その時はその状況を楽しめていました。何度かセカンドチームのみんなとブラジル料理を食べに行ってご馳走したり、そういう事もできるようになっていました。  

Kato:前向きに取り組めたんですね。  

Escudero: มีเหตุผลสำหรับเรื่องนี้เกิดขึ้นไม่ใช่การตำหนิใครบางคนเท่านั้นที่จะทำลายตัวเอง ตอนนั้นฉันคิดว่าฉัน "แปลก" เป็นครั้งแรก ภาพของผู้เล่นที่ฉันต้องการให้ชัดเจนก็เห็นได้ชัดเจนเพื่อที่ฉันจะได้เห็นสิ่งรอบข้าง ฉันไม่พอ แต่ตอนนี้ฉันต้องการที่จะเป็นนักเตะที่จะชนะทีม ถ้าไม่มีเวลาฉันไม่มีตัวเอง

<Vol.3に続く>  http://king-gear.com/articles/260

ความร่วมมือที่ครอบคลุม / Futaba Sports Omiya store
http://www.futaba-sp.com/author/oomiya
  
รูปถ่าย / Hidemi Sakuma