Yamamotomasa 16x9

อิชิโรยังรักอัญมณีด้วย! Yamamoto Masa พูดถึง "ความลับของ Bimoro Spike" ฉบับที่ 2 "นี่คือรองเท้าเหมือนทางเดิน"

ว่ากันว่าการฝึกอบรมเมื่อปีที่แล้วเป็นเหตุผลว่าทำไมเราถึงได้รับคำปรึกษาอย่างไม่คาดคิดกับนายอิเคดะเกี่ยวกับพระมหากษัตริย์ของพระบาทสมเด็จพระเจ้าอยู่หัว Bimoro? มันเป็นโปรโมเตอร์ K ที่คิดถึงเรื่องนี้ แต่เขาได้ยินเสียงคนที่เขาเลือกเป็นส่วนเล่าและกระโดดขึ้น เป็นเพราะคนที่พูดถึง Vimoro's ได้ยินรองเท้าที่ไม่คุ้นเคยคือ Yamamoto Masao ของอดีต Chunichi มังกรซึ่งเป็นตำนานของโลกทรงกลมที่ยังคงใช้งานจนกว่า 50 ปี

ไอคอน kanekoทอง Daren | 2017/02/24
จากฉบับที่ 1 ที่นี่

『これ、動く歩道みたいなシューズですね』  


――シューズは、スポーツメーカーがもっとも力を入れているジャンル、といってもいいかもしれません。履くことによって巨額の契約金を手にしているスターも少なくない。

なので一般ユーザーの側からすると、スターが履いているシューズは本当にいいのか、単にお金のためだけじゃないのか、という疑問も湧いてきてしまうのです。どれだけそのシューズの良さをスターが強調しても、鵜呑みにできないというか(笑)  

Thumb 447a2785

ยามาโมโตะ
:いや、ビモロは本当にすごいですよ。去年からイチロー選手も履くようになったんですけど、あの年齢にして塁間のスピードが速くなっちゃいましたからね。  

――話題になりましたよね。イチローが履いてるシューズはなんだって。ビモロの開発者の一人でもある山本さんは、イチロー選手が履くようになった経緯はご存じですか? 

というか、失礼ながら国際的スポーツメーカーに資金力勝負で太刀打ちできるはずのない鳥取のスポーツジムが、どうやって世界的なスーパースターに独自開発のスパイクを履かせることができたんでしょう。  

ยามาโมโตะ:履かせた、というんじゃないですね。順番からすると、イチロー選手がビモロの存在を知り、高校生が履くような黒いモデルのスパイクを買ってみて、気に入ったので小山先生に自分にも作ってもらえませんか、と頼みにいったってところですか。  

――つまり、イチロー選手が履きたがったと。  

ยามาโมโตะ:まあ、履いてみたらそうなっちゃうでしょうね。中日の吉見投手は、ご存じですか?  

――阪神ファンとしては、あまり顔を見たくない投手の一人です(笑)  

ยามาโมโตะ:その吉見投手にね、一度ビモロを貸してみたら、面白いこと言うんですよ。ビモロのシューズを履いてみて『なんだこれ、動く歩道みたいですね!』って。ほら、よく空港とかにある、あれ。  

――動く歩道ですか。最近、履いただけで自動車の加速感が味わえる、みたいなCMをうっていたスポーツメーカーがありましたけど‥‥。
 Thumb 447a2802

ยามาโมโตะ:履いた人にしかわからないんですけどね。とにかく疲れないし、足が勝手に進んでいくような感覚がある。   

――あの、信じていいんでしょうか。メッシがアディダスのスパイクを素晴らしい、ボルトがプーマのスパイクはサイコーだって言うのと一緒だったりしないんでしょうか。正直、ワールドウィングにそんな大金があるとは考えにくいんですけど(笑)  

ยามาโมโตะ:カネコさん、足のサイズ、何センチ?  

――は、わたしですか? 25.5ぐらいですが。  

ยามาโมโตะ:じゃ、ダメか。この中に足のサイズが28センチの人、いませんかね。  (ここで、山本さんのマネージャーさんのサイズが27.5だということが判明。さっそく、山本さんが持参したビモロのウォーキングシューズを試し履きすることに。)  

ยามาโมโตะ:少し強めに紐(ひも)を締めて、はい、みなさんに何が違うか説明してあげて。  

――どうですか、マネージャーさん?  

Thumb 447a2823

Manet:なんか…底がすごいというか…特徴あるというか…跳ね返ってくる感じが不思議です。  

ยามาโมโตะ:なんかよくわからないなあ。じゃ、自分の靴に履き替えてみて。  

Manet:あれ、なんだ、これ? すごい重たい。あ、こうやってみると、ビモロって全然違う!  

ยามาโมโตะ:でしょ? 自分の履いてた靴が、もう履けなくなるでしょう?  

Manet:はい。ビモロを履いたときは地面から跳ね返る力をもらってた感じがしたんですけど、自分の靴に履き替えた途端、地面に引っ張られてるような気が(笑)  

ยามาโมโตะ:いい説明です(笑)。ただ、これ、あくまでもウォーキングシューズなので、ランニングシューズになるともっとすごいよ。  

Manet:へえ~。  

――ほお~。  

ยามาโมโตะ:だからイチロー選手が履くんでしょうね。  

――てか、マネージャーさん、ホントにすごかったですか? 山本さんに言わされてません?(笑)  

Manet:いや、本当にすごいです。いまさらですけど、現役時代にこのシューズと出会ってたら、僕の人生ちょっと変わってたかな、なんて思っちゃいました。  

(ต่อไปเล่ม 3)http://king-gear.com/articles/270

ความร่วมมือในการรายงานข่าว / Delamonte Inc. ,
MPandC Corporation
ภาพถ่าย / Taisuke Segawa

<ฉันต้องการอ่านมันด้วยกัน>


การสัมภาษณ์ Yuya Osamu ฉบับที่ 2 "เข็มกลัดสวมใส่เป็นครั้งแรกคือ ASICS มันไม่ติดอยู่กับสิ่งต่างๆ ... (หัวเราะ)"

『プーマ新作スパイクevo TOUCH J 発表会にキングカズ&ゴン中山登場』 vol.2

Gear Vol.2 พูดถึงโดย Sakai Takanori "ฉันชอบ spikes ฉันใส่ดังนั้นฉันไม่สามารถสวมใส่รายการใหม่ในเกม"

Adidas FOOTBALL CAMPAIGN EVENT คลินิกฟุตบอล ed Adidas spike นำโดย Kagawa และ Kiyotake