qqq

ผู้สมรู้ร่วมคิดของผู้ก่อตั้ง K ·ปริมาตรภายนอก vol.23 "โต้ใหญ่จาก 29.9% ของไขมันในร่างกาย / ฉันอยู่ในร่างกายฉัน gonna be! ว่าเล่นสเก็ต 16 เด็ค มันควรจะถูกโจมตีโดยความเจ็บปวดของกล้ามเนื้อ ... "

เมื่อฉันไปที่สระว่ายน้ำกับลูกของฉันมันจะเป็นตัวที่น่าอับอาย! Kimiko Tatsuhito (อายุ 50 ปี) ผู้โปรโมตเกียร์ของพระบาทสมเด็จพระเจ้าอยู่หัวผู้ไม่ชอบการออกกำลังกายพบปะกับผู้ฝึกสอนส่วนบุคคลและกำลังฝึกอบรมเพื่อให้ร่างกายเย็นสบาย วันหนึ่งเมื่อผลงานที่ประสบความสำเร็จได้เริ่มมีการพัฒนาขึ้นในวันหนึ่งจะเป็นเรื่องท้าทายสำหรับการเล่นสเก็ตเป็นครั้งแรกในรอบหลายทศวรรษ ...

ไอคอน kanekoทอง Daren | 2017/02/27
初めてスケートをやったのは、確か、小学校6年の時の正月明けだったと思う。  

神戸から横浜に転校してきて最初の冬休み。父親の会社の知人家族と一緒に富士急ハイランド近くの民宿だかペンションだかに泊まり、せっかくだから、ということ生まれて初めてのスケートに挑戦した。  

初日だったか2日目だったか、昼御飯を食べたあと、やたらと派手な点の取り合いをするサッカーの試合をテレビで見て、「へ~え、サッカーって面白いんだな」と感じたのは覚えている。77年の高校サッカー選手権決勝。浦和南対静岡学園。5-4。そりゃ面白いって。  

初めてのスキー、これははっきり覚えてる。高校3年生の冬休み。新宿から出発するスキーバスに乗って長野県の野沢温泉へ行った。まだ高速道路がいまみたいに整備されていない時代だったから、新宿から長野は結構遠かった。  

なので、バスの中でたっぷりと睡眠を取り、現地についたらガンガンに滑り込むはずだったのだが、幸か不幸か、わたしたちの座席のすぐ近くに女子大生とおぼしき綺麗なおねーちゃんたちが座った。座ってしまった。  

3年間の男子校生活を舐めてはいけない。なにしろ、この間女子と会話をしたのは述べ時間に直しても数十秒しかなかったわたしである。  

緊張と妄想で頭の中がいっぱいになってしまった高校生カネコタツヒトは、当然のことながら、まったく眠れなかった。スキー場についたら眠すぎて、確か、午前中だけすべって午後は旅館で爆睡した記憶がある。  

どちらの思い出も、不思議なぐらいスケートはどうだったのか、スキーはどうだったのかという記憶はない。スケートだったら高校サッカー。スキーだったら女子大生と爆睡。ただ、それ以上に強烈なというか、初めてのスケート、初めてのスキーというと真っ先に思い出すことがあって、ですね。  

筋肉痛、なんです。  

小学校6年生。身体は柔らかく、遊び盛り。高校3年生。サッカー一筋、かなりキツめなトレーニングも経験してる。  

にも関わらずの、強烈な筋肉痛。どれだけ遊んでも、あるいはどれだけキツい筋トレを課せられたあとでも感じたことのない、動くたびにうめき声が漏れてしまいそうな筋肉痛。あれって、普段使ってないところに負荷がかかるからなんでしょうが、体力的には自信があった時期だけに、強烈な筋肉痛には心底びっくりした若かりし日のわたしです。  

なので、覚悟をして臨みました。  
東京ドームシティにあるローラースケート場。  

まだ若かったころでもあれだけひどい筋肉痛に襲われたのだから、51歳にもなったおっさんがインライン・スケートなんぞをやったらどんなことになるか。ま、曲がりなりにも昔やったことはあるんで、できることはできるだろうけど、翌日の痛みは覚悟しとかんとな。  

予想、すべての面で裏切られました。  

最初の誤算は、インライン・スケートを履いた瞬間にわかりました。  

あ、歩けん。  

リンクで滑るとかそれ以前の問題です。スケート靴を履いて、リンクまで歩いていけない。滑らなくていい、ゆっくりとのそのそ進めばいいだけなのに、それができない。そら華麗な滑りができるとまでは思ってませんでしたけど、まさか、一歩も進めないとは。  

片足に重心を乗せて、ゆっくりと踏み出す。できるだけ前重心で、ゆっくり、ゆっくり。昔は当たり前のようにできていたことなのに、まるでできません。踏み出すと、足首が、膝が、あらぬ方向にねじ切れてしまいそうな気がして、本能が有らん限りの力を振り絞って拒否るのです。  

きゃあきゃあ笑いながらのすってんころりんを繰り返すわが子の手を握りつつ、脂汗を流しながら1時間、リンクの上のたうったわたしでした。   汗だくになり、なかば放心状態で靴を脱いでいると、暗澹たる思いが込み上げてきました。  

初めてスケートをやった時、初めてスキーをやった時、もっと若くて、もっと体力があった時でも、凄まじい筋肉痛に襲われた。  

ってことは‥‥はあ~。  

ところが、です。予想はまたしても裏切られます。  

翌日、筋肉痛、ほぼゼロ。  

おっさんになったことで筋肉痛が出るのが遅くなった、のではありません。このコラムをお読み下さってる方ならおわかりのように、『ボディゴールド』でのトレーニングのあとは、便器にケツがおっこちてしまうぐらいの激しい筋肉痛に襲われたこともありました。  

さすがに最近ではあれほどの痛みに襲われることはなくなってきたものの、それでも、新しいトレーニング、新しい部位への負荷をかけた翌日は、間違いなくかなりの痛みに襲われてます。

Thumb dsc05282 

よって、わたしの身体に問題があるわけでもない。  

ということは――。  

久しぶりのスケート、マジでキツかった。イヤな汗が吹き出すぐらい、キツかった。終わったときは足、ガクガクになってました。  

でも、それでも、あれほどキツくても、キム・ガンミョン君のもとで週2回やってるトレーニングに比べれば、ちょろかったってことなんでしょう。  

パーソナル・ジムって、すげえ。  

キム・ガンミョンって、ひでえ。  

改めて痛感した、わたくしです。

Thumb img 1282Thumb banner 2016 02 03

ความร่วมมือในการครอบคลุม /หากคุณสนใจในห้องออกกำลังกายแบบตัวต่อตัวที่ได้รับความนิยม (เดิน 5 นาทีจาก Yoyogi Uehara) คลิกที่แบนเนอร์ด้านบน!