Dsc 3131

ブラインドサッカー日本代表・加藤健人が、人気スパイクの試し履き&ランク付けに挑戦!Vol.1『触っただけで、メーカー名を言い当てる鋭敏な感覚』 

ทีม "Blind Soccer Japan" ของ "Katken" Kato Kento ท้าทายความนิยมในการใส่ความนิยมและอันดับ! ฟุตบอลคนตาบอดคือฟุตบอล 5 ที่นั่งที่สวมหน้ากากดวงตาและใช้ลูกบอลด้วยลูกบอลเสียงและเสียงของพันธมิตรเมื่อกลิ้ง ในปีที่สามในโรงเรียนมัธยมที่ตั้งใจจะมีส่วนร่วมในการแข่งขันฟุตบอลชิงแชมป์นักเตะวัย 31 ปีที่ไม่สามารถถ่วงได้ซึ่งกลายเป็นทีมชาติญี่ปุ่นที่มีฟุตบอลตาบอดที่เขาได้พบเขาค่อย ๆ หายไปจากอาการป่วยเป็นโรคทางพันธุกรรม

ไอคอน img ธารา罗正崇หลาย | 2017/05/02
宙を見つめながら、スパイクに触れる。
あらゆる角度から、何度も何度も。    

ブラインドサッカー日本代表の加藤健人が、日本最大級のプロサッカーショップ「フタバスポーツ大宮店」で、人気スパイクの試し履きに挑んだ。  

もちろん加藤自身にとっても初の試みで、「こういうことをしたブラインドサッカーの選手はいないと思います」と笑う。優しい人柄の加藤は、店頭にあった人気スパイクを独自の視点で評価、ランキング化してくれた。  

全盲の選手がプレーするブラインドサッカーは、2004年のアテネ五輪からパラリンピックの正式競技となった。
 

フットサルを基にルールが考案され、公式ピッチは40m×20mで、両サイドに高さ1メートルから1メートル20センチのフェンスがある。

Thumb dsc 3131

転がると音が出る専用ボールはフットサル4号球サイズ。アイマスクを着用する全盲の4人のフィールドプレイヤーと晴眼者または弱視者のゴールキーパーのほか、ゴールの位置などを声で伝える「ガイド(コーラー)」と監督の7人で構成される。
 

ちなみにブラインドサッカーでは、ポイント付きのスパイクは禁止。人口芝対応のトレーニングシューズを履く選手が多いという。よって加藤にとっても初対面となるスパイクが多く、新鮮な発見、驚きがたくさんあったようだ。  

――今日はポイント付きの人気スパイクについて、持った感触、フィッティングしての感触で『これが好き、これが苦手』というのをズバズバやって頂きたいと思います。
 Thumb dsc 3115

Kato「ズバズバ、ですか(笑)」  

――ブラインドサッカー選手がスパイクを評価する企画は、世界初の試みかもしれません。  

Kato「楽しみにしています」  

――ちなみに、高校生まで視力があったとお伺いしましたが、その時と現在とで“手の感覚”に違いはありますか?  

Kato「職業がマッサージ師なので、前に比べたら手の感覚は良くなっていると思います。感覚としても、昔とは違うかもしれないですね」  

――たとえば『ここに壁がある』ということが、手に伝わる温度で分かる、とお聞きしました。  

Kato「手ではなくて、体の感覚ですね。音の反響の具合とかで『近いな』とか。そういうことはありますね」                                                                        

――ブラインドサッカー選手として、シューズには何を求めていますか?  

Kato「フィット感は大事にしています。ゆるいとやりづらいかなと。履いた時の感覚はすごく大事にしています」  

――それではまずは、準備運動ではないですが、フタバツポーツ大宮店の“売れ筋トップ10”を軽く触ってみますか?
 

Kato「はい。わかりました」  

試し履きの前に、まずは売り場入口にディスプレイされた“売れ筋スパイクトップ10”のコーナーに移動。

第10位のアディダス「ACE(17.1 PRIMEKNIT)」から第1位のミズノ「モレリア2」までを手に取った。
 

Katoこれはアシックスですね」「これもナイキですか?」

――メーカー名を言い当てることはもちろん、売れ筋NO.1のミズノ「モレリア2」を手に取った瞬間には「これが1位なんですね」とポツリ。キングギアのスタッフ一同、その鋭敏な感覚に驚かされた。

 Thumb dsc 2896

――それではいよいよ、人気スパイクの試し履きです! 本番よろしくお願いします。  

Kato「よろしくお願いします」  

(次回へ続く) http://king-gear.com/articles/335            

<รายละเอียด>
加藤健人(かとう・けんと)   1985年10月24日、福島県福島市出身。小学3年生でサッカーを始め、高校3年時に遺伝性の病により徐々に視力が低下。両親の勧めでブラインドサッカーと出会い、筑波短期大学入学後の2007年4月に日本代表合宿に初参加。ブラインドサッカー日本代表として5度、IBSA(国際視覚障がい者スポーツ連盟)ブラインドサッカーアジア選手権に出場。  

คลิกที่นี่หากคุณต้องการข้อมูลเพิ่มเติมเกี่ยวกับฟุตบอลตาบอด http://www.b-soccer.jp/aboutbs/aboutbs_1
(สมาคมเว็บไซต์ตาบอดแห่งชาติญี่ปุ่นอย่างเป็นทางการ)

ความร่วมมือที่ครอบคลุม / Futaba Sports Omiya store
http://www.futaba-sp.com/author/oomiya