Dsc 3126

ตัวแทนฟุตบอลคนตาบอดชาวญี่ปุ่น Kento Kato จะพยายามใส่หนามยอดนิยม! เล่มที่ 2“ การให้คะแนนความรู้สึกแหลมใหม่! Adidas "X" นิวบาลานซ์ "Furon"

ทีม "Blind Soccer Japan" ของ "Katken" Kato Kento ท้าทายความนิยมในการใส่ความนิยมและอันดับ! ปีที่ 3 ของโรงเรียนมัธยมปลายที่ตั้งใจจะมีส่วนร่วมในการแข่งขันฟุตบอลที่ไม่ย่อท้อ 31 ปีซึ่งกลายเป็นทีมชาติญี่ปุ่นกับฟุตบอลตาบอดที่เราพบในขณะที่ค่อยๆสูญเสียสายตาเนื่องจากโรคสืบทอด bullet ที่สองบอกขัดขวางด้วยความรู้สึกของตัวเอง . เริ่มสวมใส่ได้ตั้งแต่ครั้งนี้

ไอคอน img ธารา罗正崇หลาย | 2017/05/08
Vol.1 อยู่ที่นี่

日本最大級のサッカー売り場面積を誇る「フタバスポーツ大宮店」で、ブラインドサッカー日本代表・加藤健人が、人気スパイクの試し履きに挑戦した。  

店内のフィッティングエリアに移動して、いよいよ試し履きがスタート。ブラインドサッカー歴が10年を超える加藤は「久しぶりに(ポイント付きの)スパイクを履きます」と楽しみな様子。  

まず加藤が手に取ったのは、繊細なボールタッチを志向したホワイト×ブラックのナイキ「ティエンポ レジェンド6  HG-E」。
アッパー部分にカンガルーレザーを使用した本格派スパイクだ。
 

――まずは、ナイキの「ティエンポ レジェンド」です。モレリアが好きな方なら、ナイキではティエンポかもしれませんね。  

Thumb dsc 2901

Kato「(ティエンポを履いて)あ、ピッタリですね。すこし幅が狭いかなという感じもしますが、革が伸びれば良さそうです」  

――100点満点で、点数を付けて頂きたいです。  

Kato「点数ですか(笑)」  

――では、まずティエンポを100 点にするのはどうでしょう。それよりかは上か下でやっていくというのは。
 

Kato「そうですね。でも、(ティエンポは)触った感じはとてもいいなと思いました。(100点にするのは)いいですね。履き心地も悪くないので」
  

優れたフィット感に満足だったティエンポ6を基準として、以降のスパイクを加藤にとって上か下かで判断することに。
 

続いてのスパイクは、スピード重視のアディダス「エックス(16.1 JAPAN HG)」のレッド×シルバー。

まず加藤が驚いたのは、アッパーと一体型の「テックフィットソックス」だった。
 

――では続いて、まったく違うスパイクにいきましょう。アディダス「エックス(16.1 JAPAN HG)」です。
 
Thumb dsc 2904

Kato「(一体型のソックスに触れて)これ、このまま履くんですよね(笑)」  

――それ、スパイクに見事に紐を通していきますよね。すごいです。
 
Thumb dsc 2908

Kato「でも、これはちょっと(通すのは)難しいです。針に糸を通すみたいな感じです。(そしてスパイクを履いて)これ、僕的には、ちょっと足首が固定されすぎていますね。なにかすこし違和感を感じます

――足首が動かない?  

Kato「そんな感じがします。僕は関節に何かあるのがあまり好きではないんです。ロングスパッツとか、長いズボンでも練習をしたくないタイプなので。サポーターを付けているような感じに近いですね。いやー、点数を付けるのは難しいです」  

――何点でしょうか?  

Kato「(沈黙があって)50点くらいですかね」
 

――半分に落ちましたね?!
 

Kato「ダメかな」  

――いやいや。以前、ヴェルディにいた永井秀樹選手にも同じことをしてもらいましたが、30点とか付けちゃったスパイクがたくさんありますよ。
 

Kato「僕にはちょっと新感覚すぎますね。慣れていない、というのが大きいと思います」  

――では、もっと新感覚なスパイクにいってみましょう!   続いては加速力を必要とするアタッカー、攻撃型プレイヤー向けのニューバランス「フューロン(フューロン 2.0 PRO HG D)」が登場した。  

Thumb dsc 2919

Kato「ニューバランスのランニングシューズは履きやすいですよね。(スパイクを手に取って)この感じは、今までにないですね。(スパイクを履いて)この中敷きは特徴的かな。足の裏に“線”というか、ボツボツの感触がありますね」 

――それはポジティブな印象ですか?  

Kato「これまでに履いたことがない感触なので、あまり慣れないですね。ニューバランスのランニングシューズとは違いますね」  

――ニューバランスのランニングシューズはお好きなんですね。  

Kato「ファッションとして履いたことがあって。そのイメージはあります」  

――このスパイクは蛍光オレンジ色です。  

Thumb dsc 2933

Kato「目立ちますね(笑)」  

――アッパー素材はどうですか?  

Kato硬さがありますね。あと爪先がすこし細い感じがします。イメージでいうと、先が細くなっているレザーシューズ。これは……点数を付けるのは難しいですね」  

――付けてくださいね(笑)。  

Kato「自分でプレーするとなると、別のシューズを選びます。やはり履いた感覚を大事にしているので、このスパイクというよりは、中敷きが気になっちゃいます」  

――さあ、何点でしょう。  

Kato「50点ですかね……」
 

――さきほどのアディダスのエックスと同じ点数ですか?  

Kato「あ、この二つ選ぶとしたら、こっち(アディダス「エックス」)の方が履きやすいです」  

結果的に、アディダス「エックス(16.1 JAPAN HG)」の採点が55点に。

そしてニューバランス「フューロン(フューロン 2.0 PRO HG D)」は50点、ナイキの「ティエンポ(レジェンド HG-E)」が、現在トップの100点という結果に。
 

次回も名作スパイクから新型スパイクまで続々登場。ある2足のスパイクが高評価となった。果たして結果は――。  

(次回へ続く)     http://king-gear.com/articles/336

<รายละเอียด>
加藤健人(かとう・けんと)   1985年10月24日、福島県福島市出身。小学3年生でサッカーを始め、高校3年時に遺伝性の病により徐々に視力が低下。両親の勧めでブラインドサッカーと出会い、筑波短期大学入学後の2007年4月に日本代表合宿に初参加。ブラインドサッカー日本代表として5度、IBSA(国際視覚障がい者スポーツ連盟)ブラインドサッカーアジア選手権に出場。  

คลิกที่นี่หากคุณต้องการข้อมูลเพิ่มเติมเกี่ยวกับฟุตบอลตาบอด http://www.b-soccer.jp/aboutbs/aboutbs_1 (日本ブラインドサッカー協会公式サイト

ความร่วมมือที่ครอบคลุม / Futaba Sports Omiya store
http://www.futaba-sp.com/author/oomiya