qqq

คนตาบอดฟุตบอลทีมชาติญี่ปุ่น· Kato Kenito ท้าทายการสวมใส่ spikes ยอดนิยมและจัดอันดับ! ฉบับที่ 4 (รอบชิงชนะเลิศ) "ปัจจุบันได้รับการคัดเลือกเป็นอันดับ 1 จาก 10 สไตรค์ยอดนิยม"

ทีม "Blind Soccer Japan" ของ "Katken" Kato Kento ท้าทายความนิยมในการใส่ความนิยมและอันดับ! โรงเรียนมัธยมปลายปีที่ 3 ที่ตั้งใจจะเข้าร่วมการแข่งขันฟุตบอลชิงแชมป์นักเตะวัย 31 ปีที่ไม่ย่อท้อซึ่งกลายเป็นทีมชาติญี่ปุ่นกับทีมฟุตบอลตาบอดที่เราได้พบในขณะที่ค่อยๆสูญเสียสายตาจากความเจ็บป่วยทางพันธุกรรมลูกกระสุนที่สี่บอกความรู้สึกของตัวเอง . คราวนี้จะเป็นเวอร์ชั่นสุดท้ายการจัดอันดับของทั้ง 10 คู่ที่ฉันพยายามทำได้ดี

ไอคอน img ธารา罗正崇หลาย | 2017/05/11
Vol.1 อยู่ที่นี่
vol.2 อยู่ที่นี่
vol.3は、こちら


日本最大級のサッカーショップ「フタバスポーツ大宮店」で行われた、ブラインドサッカー日本代表・加藤健人による人気スパイクの試し履き&ランク付け。  

前回はプーマ「パラメヒコ」、ナイキ「マーキュリアル ヴェイパー HG-V」が高評価だったが、最終回となる今回の結果は果たして?!  

今回まず手に取ったのは、アスレタの「オー・ヘイfutebol Too1」。
前足部にカンガルーレザー、後足部に人工皮革を採用し、足馴染みとホールド感の両立を目指した一足だ。

フィッティングはのっけから加藤の直感に驚かされる展開に。


――さて、次はアスレタに行きましょう! アスレタの「オー・ヘイfutebol Too1」です。  

Thumb dsc 3033

Kato
「(スパイクを手に取って)これはカンガルーなんですね。ちょっと固めですね。雰囲気はアシックスに似てますね」  

――おー! 実は、アシックスでスパイクを造っていた方がアスレタに引き抜かれて、それで作ったのがアスレタのスパイクなんです。  

Kato「たまたまです(笑)。(スパイクを履いて)アスレタって、フットサルシューズを造っていますよね。これはサッカーシューズ、という感じですね」  

――履いた感じが?
 Thumb dsc 3039

Kato「そうです。イマドキっぽい感じかなと思ったんですけど、昔ながらっぽい感じがします。これはデザインは?」  

――ほぼ無地ですね。模様めいたものは入っているんですけど、ほぼ真っ白です。  

Kato「(スパイクを履いて)これは僕的にはアリだと思います。いいですね。5位くらいにしたいです」
 Thumb dsc 3065
 

最後に登場した10足目のスパイクは、アンブロの「アクセレーター KL」だ。X状のクロスステッチの前足部はカンガルーレザー。

日本人の足型を意識した「アナトミカルフィットラスト」により、フィット感向上を実現している。
 

――続いてはアンブロです。

Thumb dsc 3063 
Kato「(手に取って)軽く感じますまね。悪くないですけど、どこが良いか、というとなかなか難しいかもしれません」  

――プーマ「パラメヒコ」やナイキ「マーキュリアル」に比べると、かなりインプレッションが控えめですね。  

Kato「(スパイクを履いて)そうですね、履きやすいんですが……。いろいろ考えると、アスレタの次かなあ……」  

――アスレタはいま5位ですね。

Thumb dsc 2939 
Kato「アスレタはサッカーシューズのイメージがなかったので。でも履いてみるとしっくりきました。アンブロはアンブロのイメージ通り、というか」  

――これでアンブロが6位になりましたね。それではここまでの順位をおさらいしましょう!
 

1位 プーマ「パラメヒコ」100点
2位 ナイキ 「マーキュリアル ヴェイパー HG-V」
3位 アシックス「DS LIGHT X-FLY 3」95点

4位 ナイキ  ティエンポレジェンド HG-E」90点

5位 アスレタ 「オー・ヘイ futebol  Too1」80点
6位 アンブロ 「アクセレーター KL」75点

7位 アンダーアーマー 「コアスピードフォース 2.0HG」70点

8位 ナイキ「マジスタ(オーパス 2HG – E)」65点

9位 アディダス「エックス(16.1 JAPAN HG)」50点

10位 ニューバランス「フューロン(フューロン 2.0 PRO HG D)」45点  

Katoうん……そうですね、僕的にはこんな感じですね。(ランキングの)真ん中あたりは順位を付けるのはなかなか難しかったです。やはり印象的だったのは、ナイキのマーキュリアルですかね」  

――イメージのギャップ、ですか?

Thumb dsc 3104 

Kato「触るだけだったら選ばないかな、と思います。履いてみて驚いたというのはありますね。プーマ、アシックスはイメージ通りなんです。履きやすさ、革の感じ、今後のことも考えると、履いていくうちにしっくりくるんじゃないかと思います」  

――もしナイキのマーキュリアルにスタッドの付いていないシューズが出たとしたら、履いてみたいですか。  

Kato「履いてみたいですね」  

――ナイキさんに「マーキュリアルのトレーニングシューズ・バージョンを出してくれ」、ってことでしょうか(笑)。  

Kato「まあ、そうですね(笑)。履いてみたいです。パラメヒコやモレリアなど、王道のスパイクはそういう展開があると思うんですけど」  

――総合順位が低い方は、ほとんど人工皮革のスパイクですね。  

Kato「あ、そうかもしれないですね。カンガルーレザーだったら馴染んでいくのでいいですよね。(いま日常的に履いている)モレリアも、実は最初はきついんですが」  

――試合でもミズノ「モレリア」のトレーニングシューズを履いているんですか?
 Thumb dsc 3067

Kato「そうですね。履いています。昔からあるスパイクは履きやすいですね。フィット感が気に入っています」  

Thumb dsc 3101 

ブラインドサッカー日本代表・加藤健人が、人気スパイク全10足から選んだNO.1スパイクは王道のプーマ「パラメヒコ」。
 

そして2位のランクをつけたナイキ 「マーキュリアル ヴェイパー HG-V」には新鮮な衝撃を受けた様子で、トレーニングシューズの展開があればとリクエストも飛び出した。  

視覚を閉じた感覚だけの状態で全
10足のスパイクを試し履き、ランキング化に協力してくれた加藤選手。
 

感覚を研ぎ澄ますように沈黙して、一足一足を丹念に吟味する姿、そして周囲を和やかにする魅力的な笑顔が印象的だった。

Thumb 0508ranking      <รายละเอียด>
加藤健人(かとう・けんと)   1985年10月24日、福島県福島市出身。小学3年生でサッカーを始め、高校3年時に遺伝性の病により徐々に視力が低下。両親の勧めでブラインドサッカーと出会い、筑波短期大学入学後の2007年4月に日本代表合宿に初参加。ブラインドサッカー日本代表として5度、IBSA(国際視覚障がい者スポーツ連盟)視覚障がい者サッカーアジア選手権大会に出場。  

คลิกที่นี่หากคุณต้องการข้อมูลเพิ่มเติมเกี่ยวกับฟุตบอลตาบอด http://www.b-soccer.jp/aboutbs/aboutbs_1
(สมาคมเว็บไซต์ตาบอดแห่งชาติญี่ปุ่นอย่างเป็นทางการ)

ความร่วมมือที่ครอบคลุม / Futaba Sports Omiya store
http://www.futaba-sp.com/author/oomiya