Bb3a0640

Spike ต่อสู้โลกของ U - 20 World Cup นักรบ Vol. 1 - ทุกอย่างเพื่อที่จะบินไปทั่วโลก ความสำคัญของฟุตบอลโลก U-20 ที่ไม่ใช่อัตราส่วนของการแข่งขันกีฬาโอลิมปิก -

เวิลด์คัพ U - 20 ที่จะวางขายในวันที่ 20 พฤษภาคมนี้ U-20 Jpopakono ได้เปิดประตูสู่โลกที่ปิดสนิทในช่วง 4 ปีที่ผ่านมาโดยตัวเขาเองได้เล่นเป็นครั้งแรกในรอบสิบปี ก่อนที่จะดำเนินการกับเหตุการณ์นี้ฉันอยากจะพูดถึงประวัติความเป็นมาของอดีตและความสำคัญของงานนี้

ไอคอน img 6776Takuto Ando | 2017/05/18
U-20W杯は文字通り、20歳以下のワールドカップで『育成年代最後の登竜門』と呼ばれている。サッカーの世界ではU-23チームが戦うオリンピックがあるが、世界の強豪国はあまりオリンピックを重要視していない。

なぜならば、彼らが重要視しているのはW杯であり、22、23歳の選手はもはや『育成年代』ではなく、A代表で主軸を張っていないといけない年代だ。故に、オリンピック代表で世界に名を売ろうとする選手は少ないと言っても良い。

理由はそれでは『遅い』からだ。


世界各国のクラブのスカウトも、オリンピックで新戦力や将来の有望株を探すのではなく、U-17W杯とU-20W杯にそのウェイトを置く。故に選手達が名を売るのは、U-17W杯、U-20W杯、あとは所属チームでの活躍が重要になって来る。

世界トップレベルでのリーグ戦やヨーロッパチャンピオンズリーグなどの世界中が注目する舞台で、10代、20歳や21歳で輝いてこそ、サクセスストーリーの道が拓ける。
故にU-20W杯はどの国もかなりの本腰を入れて臨んで来る。

過去の大会を見ると、2005年のオランダ大会はリオネル・メッシが大活躍をし、2007年のカナダ大会ではセルヒオ・アグエロが躍動、2013年のトルコ大会ではポール・ポグバが主役となった。


だからこそ、日本がこの大会に2007年のカナダ大会以来、4大会も出場出来なかったことは、日本サッカー界におけるとてつもなく大きな痛手だった。

過去最高成績となる1999年のナイジェリア大会には、加地亮、稲本潤一、小笠原満男、高原直泰、遠藤保仁、中田浩二、小野伸二ら、後のW杯戦士が出場。

2005年のオランダ大会では、西川周作、本田圭佑、伊野波雅彦らが出場し、2007年のカナダ大会では、林彰洋、内田篤人、森重真人、槙野智章、太田宏介、柏木陽介、香川真司ら日本代表が出場をしていた。


どの選手も日本代表の中核を為す選手達で、貴重な世界との真剣勝負の場を経験しただけでなく、その過程でもまた彼らは多くの経験を積むことが出来た。

それはアジア最終予選を勝ち抜いて代表権を獲得するプロセスもそうだし、U-20W杯開幕を迎えるまでの間、彼らは常に『世界』を意識しながら、様々な海外遠征を経験し、自己研鑽に努めることが出来た。

U-20W杯に出ることを目標にして、世界を意識した競争が激化することで、より経験値が上がる。成長速度や成長角度を上げるのは、やはり外的なモチベーションが重要になって来る。

その外的モチベーションがU-20W杯を目指すことなのだ。
若手育成において、とてつもなく大きな意味をなすU-20W杯。

今回出場するU-20日本代表は、
昨年11月のAFCU-19選手権では快進撃を続け、過去4大会すべて敗れていた準々決勝(勝てばU-20W杯出場が決まる、世界決定戦)では、U-19タジキスタン代表に4−0の圧勝を収め、10年間閉ざされていたU-20W杯の重い扉をついにこじ開けた。

さらに準決勝でU-19ベトナム代表を一蹴すると、決勝ではU-19サウジアラビア代表を激闘の末、PK戦で制し、1999年のチームも、2007年のチームも、これまでどの世代も成し遂げられなかった優勝を手にした。


まさに歴史を塗り替え、日本サッカー界に光をもたらした今回のチーム。

U-20W杯では南アフリカ、ウルグアイ、イタリアと強豪ひしめく『死のグループ』に入ったが、世界トップクラスの強豪国とのガチンコ勝負は、とてつもなく大きな経験となる。

当然、グループ3試合で終わらず、さらに勝ち上がって経験値を上げて行くことも期待される。


さて、今回のU-20日本代表。世界で戦うために、彼らは入念な準備を続けて来た。


彼らの1人1人の特徴を紹介しながら、キングギアの理念である『道具』にスポットを当てるべく、彼らの足下を支えるスパイク達にも注目をしていこうと思う。

 Thumb bb3a0641

今回のメンバー21人の足下は以下の通りだ。


Thumb bb3a0800
Thumb bb3a1258◎ナイキ GK小島亨介、DF初瀬亮、杉岡大暉、冨安健洋、舩木翔、MF原輝綺、堂安律、FW小川航基

Thumb bb3a0905Thumb bb3a1154
◎アディダス GK山口瑠伊、MF久保建英、岩崎悠人、三好康児、坂井大将、高木彰人、遠藤渓太、FW田川亨介

◎ミズノ DF藤谷壮

Thumb bb3a2063
◎アシックス  DF中山雄太

Thumb bb3a1301◎プーマ  DF板倉滉

Thumb bb3a0955
◎アンブロ GK波多野豪、MF市丸瑞希

Vol.2「GK編」に続く
(小島亨介、波多野豪、山口瑠伊)