mini

เมื่อคุณลองก็จะเป็นของญี่ปุ่นเป็นอันดับแรกของโลก 【 Kaneko Teruhito × Totsuka Kei Vol.1 】

KING GEARスペシャル対談 vol.1

ไอคอน img ธารา罗正崇หลาย | 2016/05/23
◆金子達仁 スポーツライター(KING GEAR発起人) 
◆戸塚啓 スポーツライター  

「千とか一万とかの確信。」


  “ギア・オブ・ザ・イヤー”をやりたい―。
 この数年、スポーツライター・金子達仁は周囲に熱弁をふるい続けた。その年に発表されたスパイクからNO.1スパイクを決定し、『ギア・オブ・ザ・イヤー』として表彰する、というのだ。

 ともすると無謀と思われた金子達仁の夢は、2016年春にプラットフォームとなるスパイク専門メディア「KING GEAR(キングギア)」が誕生したことで、にわかに現実になろうとしている。

 2016年春、都内でKING GEAR発起人・金子達仁と戸塚啓による対談が行われた。両氏はともにサッカー専門誌『サッカーダイジェスト』編集部出身。互いをよく知る2人によるトークセッションは1時間に及び、話題はメディア創設の経緯から、サッカー業界の裏話まで多岐に渡った。  

 トークセッションはその年のナンバーワン・スパイクを表彰する『ギア・オブ・ザ・イヤー』の話題から始まった。(以下、敬称略) 

◆金子「やってみたら日本初、世界初になるんじゃないか。」  


戸塚:なぜ『ギア・オブ・ザ・イヤー』を始めようと思ったんですか? 

Kaneko:『カー・オブ・ザ・イヤー』の選考委員をやらせて頂いたことがものすごく大きくて。2005年から2010年くらいまで。 

戸塚:それがどうしてギア・オブ・ザ・イヤーにつながったんですか?

Kaneko:楽しかったんだよ。とにかく新しいモデルが出るたびに試乗会の案内がくるわけ。そしたら乗り放題に乗れるわけよ、新しい車に。で、もちろん車も好きだけど、スパイクとかもすごい好きだった人間としては、同じこと、ギアでやれないかな、と。
 考えてみたら、カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員をやらせていただいてた期間、自動車を作るところは見せてもらったことがあった。でも、スパイク作ってるとこ、見たことないな、と。(ギアは)スポーツにおける主役のひとつで、自動車の方はドライバーだけじゃなくて、メカにもスポットライトが当たってるのに、なんでサッカーはマラドーナだけなんだろうと。なんでマラドーナが履いてるプーマにいかないんだろうと。 

戸塚:なるほど。 



Kaneko:で、メーカーが一生懸命「マラドーナはプーマなんです」ってやっているけれども、そのプーマのスパイクがどう凄いのかっていうが、まったく伝わってきてない。で、伝わってきてもタイアップくさいじゃない?  

戸塚:まあ、基本はタイアップですからね。  

Kaneko:でしょ。で、オレ自身『サッカーダイジェスト』でずっとタイアップ専門でやってた時期があって、なぜそれをやってたかっていうと、その時のオレが新人だったから。戸塚の代になっても新人にやらせたはずなのよ。  

戸塚:でしたね。はっきりいえば、編集部内での重要度が低い。例外的に編集部のエースがやるタイアップもないわけじゃなかったけど、基本、そういう立場の人がやる仕事ではなかったですよね。  

Kaneko:で、仕事柄、海外のサッカー雑誌・スポーツ雑誌もずっと見てたけれども、基本のスタンスは日本の雑誌がやっているのと変わらない。つまり、主役はあくまでも選手であり監督であり、ギアにスポットライトが当たっているものがまったくない。
 だったら、やってみたら日本初、世界初になるんじゃないかと思ったのがきっかけだよね。

Thumb img 4509 fotor

◆戸塚考えてみたらスポーツギアの専門雑誌ってないなと思って」


戸塚:ギアの話で言うと、ボクはわりとファッション雑誌が好きで、カバン欲しいときはファッション雑誌買うわけですよ。でもサッカーグッズとかスポーツグッズとかって、あんまり雑誌に寄ってないんですよね。考えてみたらスポーツギアの専門雑誌ってないなと思って。まあ、あるとしても定期刊行物としてはちょっと少ないんじゃないかなと。だったらギアを専門でやるのは楽しいんじゃないかなと漠然と思ったのはありますね。  

Kaneko:でも最初はあんまりピンと来てなかったよね。オレが暴走して、“先輩が言ってるならしょうがねえな”な感じで(笑)。

戸塚
:金子さんの発想って根本的にボクらとは違ってて、もともと「ないからやってみようよ」ってタイプなのね。で、ボクたちは「ないんなら出来ないんじゃないの、なにか障害があってビジネスとして成立しないんじゃないの」って思うのよ。そこのギャップを埋める作業でしたよね。  

Kaneko:ライバルがたくさんいるところで頑張るより、誰もいないところで一番狙う方が楽ちんだし(笑)。でも確かに、オレが会社を辞めてスペインに行った時も「暴挙」としか言われなかったよなあ。カメラマンと違って、その記事がかならず売れるとも限らないし。  

戸塚:スペインというか、ヨーロッパに移住するライターなんて誰もいませんでしたからね。นิ้วหัวแม่มือ
 
Kaneko:うん。誰もいないところをどうやって見つけるか、っていうことをずっと狙ってきた気がする人間なので。で、今回のKING GEARというのは、俺にとっての鉱脈。 

戸塚:鉱脈、ですか。  

Kaneko:ちょっと大げさに言っていい?(笑)。95年にバルセロナに移住した。その時も鉱脈だと思って行ったけれども、あの時の確信を10とすると、今回のキングギアはもう、千とか一万とかのレベルの確信でございます。てか、あの時は確実にあった「どうなるんだろ」って不安、今回はまったくないから。ま、そうはいっても、鉄板だと思ったギャンブルほど危ないんだけどね(笑)。だから、あの時同様、死に物狂いで頑張らないと。  


 ●次回<スパイクはね、一流選手を子供にするよ。【金子達仁×戸塚啓VOL.2】>