Bb3a1257

Spike ต่อสู้โลกของ U - 20 World Cup Warrior Vol.4 【 MF Hen 】 - เมื่อคุณได้รับลูกบอลอุปกรณ์อะไรที่สนับสนุนทีม MF ที่จะไม่ชำระเงิน? ! ~

5月21日に初戦の南アフリカ戦を迎えるU-20W杯。MF陣のギアを紹介するとともに、現在の状況とU-20W杯本戦に向けてのモチベーションを語ってもらった。 「MF編」原輝綺、坂井大将、堂安律、市丸瑞希、三好康児、遠藤渓太、高木彰人。

ไอคอน img 6776Takuto Ando | 2017/05/21
日本のポゼッションサッカーと攻守の切り替えの早いサッカーを実現させるためには、中盤の構成力が必要不可欠。

4−4−2のボックスを敷くU-20日本代表は、両サイドハーフとダブルボランチがフレキシブルに動きながら、バリエーションある攻撃を構築して行かないといけない。

両サイドにはドリブル突破、パスセンス、そしてスピードを兼ね揃えた選手が揃い、ボランチには守備の職人と展開力ある選手が揃った。

果たしてどの組み合わせを内山監督が選び、彼らがどのような連携を見せてくれるか。
 


⑯原輝綺(アルビレックス新潟、ナイキ・マジスタオーパス2)

นิ้วหัวแม่มือ

いて欲しい場所にいてくれる。やって欲しいことをやってくれる。組織が円滑に動くために、必要不可欠な『縁の下の力持ち』だ。ボランチの位置から、高い危機察知能力を駆使し、危険なスペースを埋めると、相手FWにボールが入れば、すかさず寄せていく。

彼の武器の一つが強烈なプレスバックで、CBと連携をして、相手のFWから自由を奪って行く。

Thumb 844516 107 10

彼の足下は市船時代のチームメイトである杉岡、そして冨安と同じナイキ・マジスタオーパス2が存在する。巧みなボール奪取の職人技を支えている。
 


 ―ホンジュラス戦では板倉選手がボランチをやって結果を残しました。

:これでボランチのレギュラー争い激しくなると思います。 簡単に試合に出られるとは思っていませんし、もっとしっかりと準備して行かないといけないと思っています。

僕自身、課題が多いし、やるべきことが多い。ポジション争いをしつつ、盗めるところをしっかりと盗みたい。まずはこのポジション争いに必死で食らいついて行きたいと思います。

本番も近づいているので、もう一度全員で細かい部分までこだわりながら確認し合って、本番に臨みたい。  

⑩坂井大将(大分トリニータ、アディダス・エース17.1LE)

นิ้วหัวแม่มือ


このチームのナンバー10。どのポジションでも器用にこなせるだけの高い技術を持ち、細かいボールタッチとショートパスで攻撃を組み立てて行く。所属クラブの大分では思うような出番を得られていないが、内山ジャパンではキャプテンと10番を託されている。

2013年のUAEで開催されたU-17W杯に出場し、前回のU-19日本代表を経験するなど、経験豊富なゲームメーカーだ。彼の足下を支えるのはアディダス・エース17.1LE。

より素足に近い感覚でボールタッチ出来る素材のスパイクで、ボールを自らの支配下においていく。常に冷静にチーム全体に目を配ることが出来る、抜群のキャプテンシーにも注目をして欲しい。
 

⑦堂安律(ガンバ大阪、ナイキ・マーキュリアルヴェイパー11)

นิ้วหัวแม่มือ

チームの攻撃を牽引する弾丸アタッカーだ。ジュニア時代から注目を集めた逸材は、G大阪の下部組織ですくすくと育ち、今年はJ1で3ゴールを挙げるなど、ブレイクの時を迎えた。

彼の魅力は度胸満点の仕掛けと、冷静な状況判断力に基づいたプレーがバランス良く出せること。オフ・ザ・ボールの動きに長け、ボールの位置、全体のポジションの流れを読み取って、細かいスプリントでフリーになるポイントを探る。

ボールを受けたら、迷わず仕掛けるときもあれば、冷静にいい状態にいる味方を見つけ出して、ワンタッチではたいてから、一気にゴール前にスプリントをして、精度の高いラストプレーを繰り出す。

強烈なパンチ力を持った左足の得点パターンは多彩で、正確なインパクトからスピード、コースともに申し分内シュートを放つ。

Thumb 831946 601 3

彼が履くのはG大阪でのチームメイトである初瀬、舩木と同じナイキ・マーキュリアルヴェイパー11。2人と違って、前述したようにストップ&ダッシュの細かいスプリントを繰り返して行く馬力を、このスパイクから繰り出している。
 

⑰市丸瑞希(ガンバ大阪、アンブロ・アクセレイタープロFG)

นิ้วหัวแม่มือ


すっと背筋が伸びた姿勢、淡々とした表情と冷静な目で、周囲の情報を瞬時に把握し、正確無比な多彩なパスを繰り出して行く。

特にDFラインの裏に落とすパスの質は非常に高く、インサイドやインフロント、アウトフロントを駆使して、DFラインのコントロール状況、味方の動き出しや飛び出しの角度とスピードを見極め、一瞬にして彼らの求める場所にボールを送り込む。

彼のパスから小川、岩崎、久保、田川という個性が違うアタッカー達がゴールに迫って行く。

Thumb f171um0004


彼が履くアンブロ・アクセレイタープロFGは、インサイドキックのインパクトにこだわりを持ったスパイクで、彼のインサイドキックに注目をして欲しい。
 

⑧三好康児(川崎フロンターレ、アディダス・エックス16+ピュアカオス)

นิ้วหัวแม่มือ


正確な左足のパス、そしてテクニックを駆使して、中盤でリズムを作り出すMF。川崎U-18時代は怪我に悩まされたが、磨き上げたテクニックと独特のリズムで、昨年、トップチームで頭角を現した。

間で受ける技術、狭い局面を打開する技術に長け、U-20日本代表では左サイドの起点としての活躍が期待される。

Thumb img 7709

彼が足に纏うアディダス・エックス16+ピュアカオスは足との一体感にかなりこだわったスパイク。細めの足形の選手にジャストフィットするようなスパイクで、彼の繊細なテクニックを存分に発揮して欲しい。
 


⑪遠藤渓太(横浜Fマリノス、アディダス・エックス16.1LE)

นิ้วหัวแม่มือ

チームナンバーワンのドリブラーは、サイドからスピードと細かいステップを融合させた切れ味鋭いドリブルで、チャンスに絡んで行く。

特に彼の魅力は踏み込みの強さと重心移動のスムーズさ。しっかりと踏み込んで重心を支えながら、上半身と連動させて、初動で交わして行く。

Thumb f163ad0666

彼が履くアディダス・エックス16.1LEは、柔軟性があるスパイクで、グリップと左右、斜めの動き出しをスムーズに行ってくれる。果たして彼のドリブルは世界で通用するのか。注目だ。
 


Endo:ホンジュラス戦では自分の得意な形でボールを受けられるシーンはありましたし、ああいう外国人特有の相手が間延びをして来たときに、後半落ちてくる場面で入れば、自分の特徴は最大限に活かせると思いました。そういうところでCKアシスト出来たし、全体的には仕掛けられたと思います。  

―左からのカットインからのシュート。これが最大の武器だと思います。

Endo:はい、自分の得意な形で左サイドから仕掛けられて、シュートも打てた。3本目も自分的にはいい抜け出して、トラップも良くて最後も決めるだけだった。  

―遠藤選手の縦への速さと、久保建英選手の緩急をつけた動きは凄くマッチして、2人が汲んだらいろんなパターンが生まれるんじゃないかなと思います。

Endo:1回止まって、出してワンツーとかで崩すことがありますし、いい斜めの関係でやれて、やっていて楽しかったです。  

―U-20W杯に向けて。


Endo:もちろんスタメンで出たいですし、そのために全力を尽くします。たとえ先発でなくても、途中出場から自分の持ち味であるドリブルを出して、チームの勝利に貢献したいと思います。  

⑱高木彰人(ガンバ大阪、アディダス・エックス16.1LE)

Thumb img 7697


負傷離脱したMF森島司(サンフレッチェ広島)に代わって追加招集をされた。FWとサイドハーフをこなすことが出来、ゴール前に潜り込んで決定的な仕事が出来るアタッカーだ。

一度はメンバーから落選し、「落ち込んでいた」中での追加招集。こういう大会はラッキーボーイの存在が重要となってくるだけに、彼のブレイクがチームに大きな勢いをもたらしてくれるはずだ。

彼が履くアディダス・エックス16.1LEは、柔軟性があるスパイクで、グリップと左右、斜めの動き出しをスムーズに行ってくれる。果たして彼のゴール前での勝負強さは、世界で通用するのか。注目だ。


Vol.5「FW編」に続く
(小川航基、田川亨介、久保建英、岩崎悠人)