News 217376 3

Spike ต่อสู้โลกของนักรบ U-20 World Cup Vol.7 【 Game Report 】 - ญี่ปุ่น vs อิตาลี Group Short Review สั้น GK Hen ~

U-20 World Cup ซึ่งเริ่มขึ้นในวันที่ 20 พฤษภาคม ในลีกกลุ่มแต่ละประเทศดำเนินการสามเกมแสงและความมืดถูกแบ่งออกอย่างชัดเจน U-20 Japan Age of Chronology ซึ่งนำโดย Atsushi Uchiyama ซึ่งเป็นผู้เล่นรายแรกในรอบ 10 ปีเข้าสู่กลุ่มที่ร้ายแรงที่สุดมองไปที่กลุ่มอื่น ๆ เช่นแอฟริกาใต้อุรุกวัยและอิตาลี ที่นี่เราจะตรวจสอบสามเกมในกลุ่มกลุ่มและจะโพสต์ความคิดเห็นสั้น ๆ เกี่ยวกับผู้เล่นทั้งหมด 21 คนตลอดทั้งสามเกมและความคิดเห็นขัดขวาง

ไอคอน img 6776Takuto Ando | 2017/05/28
U-20日本代表U-20イタリア代表




小川の負傷離脱により、内山監督は18歳FW田川亨介をスタメンに抜擢した。次のU-20W杯の出場資格を持つ田川の出来が、この試合の最大のポイントだった。

しかし、そのポイントどうこう言う前に、日本は最悪の試合の入り方をしてしまった。

開始早々の3分、アンカーのMFロランド・マンドラゴラの縦パスに対し、ラインを上げたCB2人に対し、杉岡大暉と初瀬亮の両サイドバックが残ってしまい、FWアンドレア・ファビッリに抜け出される。

簡単に左サイドを突破され、上げたクロスをファーでMFリカルド・オルソリーニにダイレクトで押し込まれ、いきなり失点。

さらに7分には右サイドでFKを与えると、MFフランチェスコ・カッサータのキックをMFジュゼッペ・パニコに決められ、いきなり2点のビハインドを背負ってしまった。

しかし、ここから気を吐いたのが、遠藤渓太と堂安律の両サイドハーフだった。ボールを持っては積極的に仕掛ける姿勢を見せ、両サイドで起点を作ると、22分には左サイドでボールを持った遠藤が、切り返しから中を良く見て右足のクロス。

これに猛ダッシュで飛び込んだ堂安が、GKより先に左足で触れ、ゴールに押し込んだ。


これで反撃の狼煙を上げると、圧巻は50分の堂安のプレーだ。バイタルエリア右で市丸の縦パスを受けると、そのままDF3人が待ち構えるペナルティーエリアに勝負を仕掛け、3人をぶち抜くと、飛び出して来たGKの逆を突くボールタッチで、ボールをゴールに流し込んだ。

会場がどよめくほどの圧巻のゴールで、日本がついに同点に追いついた。

ここから日本はゆっくりとしたポゼッションサッカーに切り替える。引き分けでも突破が決まるイタリアは、無理をせず後ろでブロックを敷いて来ただけに、日本もむやみに突っかけること無く、DFラインでパスを回す時間を増やした。

試合はそのまま終了し、2−2のドロー決着。

日本は勝ち点4の3位となったが、既に消化しているグループを照らし合わせると、日本は各リーグ3位の上位4チーム内に入ることが確定し、決勝トーナメント進出が決まった。
 
◎グループリーグ短評GK編

①小島亨介(早稲田大、ナイキ・マジスタ、オーパス2)

Thumb bb3a2133

出場試合
グループリーグ(以下・GL)
南アフリカ戦:スタメン、フル出場
ウルグアイ戦:スタメン、フル出場
イタリア戦:スタメン、フル出場
 
背番号1はグループリーグにおいて、1対1の守備対応が素晴らしかった。「アジアのときより、確実に交わされての1対1のシーンが多くなるので、そうなったら自分が止めるしかないと思っている」と、事前に間合いの詰め方、ステップワーク、面の作り方などをイメージして本大会に臨んだ。グループリーグでは5失点を喫したが、彼によって救われたシーンは沢山あった。

南アフリカ戦では11分と34分に相手FWと1対1になるが、冷静に面を作りながら間合いを詰めて、シュートコースを完全に塞いだため、2本のシュートは共に枠をそれて行った。派手なセーブは無かったが、抜群の安定感を見せた。

ウルグアイ戦でも10分にCB冨安健洋が不用意なボールロストから、FWデラクルスに完全な1対1に持ち込まれるも、今度は鋭い出足で相手の足下に飛び込んで、シュートコースを消し、枠を外させた。

終盤にはペナルティーエリア内でフリーになったFWアグスティン・カノッピオに決定的なシュートを打たれるが、俊敏な反応から冷静なトスティングで防ぎ切った。

結果的には0−2の敗戦だったが、2失点とも防ぎ様が無いシーンでの失点。「失点をしているようでは厳しい。僕がもっと止めないといけない」と唇を噛んだが、守護神に相応しいプレーぶりだった。

イタリア戦では2失点を喫したが、DFのミスが大きく、止めきれるものではなかった。もちろんそれでも止めるべきであったが、彼が崩れての失点ではなく、決勝トーナメントに向けては決してネガティブになる必要がない3試合だった。
 
⑫波多野豪(FC東京、アンブロ・メデューサPRO)
出場試合
(GL)
南アフリカ戦:SUB
ウルグアイ戦:SUB
イタリア戦:SUB
 
出番こそ無いが、第2GKとしての位置づけの彼は、チームナンバーワンの高さを誇り、セービング時の守備範囲の広さを練習でも披露している。出番があるが分からないが、準備には余念がない。
 
21山口瑠伊(FCロリアン、アディダス・エース17.1LE)
出場試合
(GL)
南アフリカ戦:SUB
ウルグアイ戦:SUB
イタリア戦:SUB
 
出番こそ無かったが、練習を見てもシュートストップの技術はやはり高い。いつどのようなアクシデントがあるか分からないだけに、決して下を向くこと無く、トレーニングに打ち込む