Img 8261

Spike ต่อสู้โลกของนักสู้ U-20 World Cup ฉบับที่ 15 【การแข่งขันในต่างประเทศฉบับ】 ~ นอกจากนี้ยังเป็นการแข่งขันที่มีส่วนแบ่งสูงในส่วนแบ่งของไนกี้ด้วย ~

U-20 World Cup ฉบับสรุปในต่างประเทศครั้งที่ 5 ในรอบสุดท้ายจะมีการแนะนำทีมและบุคคลที่ดึงดูดความสนใจในการแข่งขันชิงแชมป์ที่ผ่านมา - ทีมอันดับที่สี่

ไอคอน img 6776Takuto Ando | 2017/06/16
大会最強チームと言われたフランス代表だったが、決勝トーナメント初戦でイタリアに1−2の敗戦を喫してしまった。

今大会のチームは、今季のヨーロッパチャンピオンズリーグでモナコの大躍進の立役者となったFWキリアン・ムバッペは招集外となったが、リヨンのMFルーカス・トゥサール、パリサンジェルマンのMFクリストファー・ヌクンクと有望株の選手が選ばれていた。


目を引いたのが、左FWのマルクス・テュラム(FCソショー)だ。このチームではムバッペの控えだったが、ムバッペが招集外だったことで、彼がレギュラーの座を掴んだ。

切れ味抜群の突破力と強烈なキックは、かつてフランス代表の名サイドバックだったリリアン・テュラムを彷彿させた。それもそのはずで、彼はリリアン・テュラムの実の息子。左サイドから一瞬のウチにゴール前に走り込んで、ずば抜けた身体能力でゴールを射抜く。

将来的にこのポジションで行くのか、それとも父と同じサイドバックに下がるのか。この点も注目しておきたい逸材だった。

アメリカも前評判は高かったが、準々決勝でベネズエラに1−2で敗れた。


注目を集めたのが、ドイツ代表の英雄であるユルゲン・クリンスマンを父に持つ192cmのGKジョナサン・クリンスマン(UC Berkeley)。

父はドイツ代表で伝説的なエースストライカーを務め、1990年のイタリアW杯で3ゴール、1994年のアメリカW杯で5ゴール、1998年のフランスW杯で3ゴールと、W杯でトータル11ゴールを叩き出している。

現役の晩年の2003年からアメリカのアマチュアクラブのオレンジカントリーでプレーした後に現役引退をした。

さらに父は2011年7月から2016年11月に掛けてアメリカ代表監督を務め、2014年のブラジルW杯出場に導いた(決勝トーナメント初戦で敗退)。

こうした経緯もあり、息子であるジョナサンはアメリカで育ち、U-20アメリカ代表に選出された。
今大会はハイボールの強さと身体能力の高さを駆使し、父とは真逆のポジションで躍動してみせた。

準々決勝でイングランドに0−1で敗れたメキシコも、多くのタレントがいた。右FWのウリエル・アントゥーナ(サントス・ラグナ)は、抜群のボディーバランスを持ち、スルスルとサイドを突破して行く。

噂ではマンチェスター・シティーが狙っており、将来的に化ける可能性を持っている。トップ下に君臨をしたFWロナルド・シスネロス(サントス・ラグナ)は多彩なゴールパターンを持ち、危険なスペースに入り込んで、相手にとって脅威を与えるプレーを見せた。

今大会を見ていて、驚いたのがザンビアの強さだ。


アフリカ予選優勝の実力を見せつけるかのように、抜群の身体能力をフルに発揮し、グループリーグを首位で突破すると、決勝トーナメント初戦ではドイツを乱打戦の末に4−3で下し、ベスト8に進出。

準々決勝でイタリアに2−3で敗れたが、台風の目となった。

U-20アフリカ選手権得点王で、A代表でもあるFWパトソン・ダカ(FCリーフェリンク、オーストリア)が攻撃の要で、切れ味抜群のドリブルを持つ左MFのファッション・サカラ(スパルタク・モスクワ、ロシア)とのホットラインは破壊力抜群。圧倒的なバネと躍動感溢れるアタックで、計5試合で12ゴールをマーク。印象的なチームの一つとなった。

最後に開催国となった韓国は、グループリーグの第1戦、第2戦こそ、連勝をし、国内を盛り上げたが、グループリーグ最終戦ではイングランドに敗れると、決勝トーナメント初戦でポルトガルに3点を先行され、1−3の完敗で大会を去った。

Thumb news 217006 1

『黄金世代』と呼ばれた今回のチームは、FWイ・スンウとペク・スンホの『バルサコンビ』が大きな注目を集めた。

この2人のホットラインは評判に違わぬ存在感を見せ、個の打開力でもかなり特出していた。さらに1トップのチョ・ヨンウク(高麗大)はパワーとスピードを併せ持ち、足下の技術も高く、ポストプレーとラストパスを駆使して、高い位置で起点となった。この3人が絡む攻撃の破壊力は非常に高かった。 


スパイク面に話を向けると、前述したザンビアはグループリーグ最終戦のコスタリカ戦でピッチに立った選手全員がナイキで、交代選手もすべてナイキだった。

これまでアフリカと言えば、プーマのイメージが強かったが、ザンビアのユニフォームはプーマでも、ナイキでもなく、おそらく自国オリジナルのメーカーで(調べたが分からず)、スパイクは全員ナイキだったのには驚いた。

さらにホンジュラスもフランス戦でピッチに立った11人中、GKのジャビアー・デルガド(CDホンジュラス・プログレッソ)がアディダスを履いていた以外は、フィールドプレーヤー全員がナイキだった。

日本以外で、日本のメーカーであるミズノとアシックスを履いている選手を探すと、サウジアラビアにミズノを履いている選手を1人発見した。

サウジアラビアのMFアリ・アルアスマリ(アル・アハリ)はミズノのモレリアNEO2を着用。それ以外のピッチに立つ選手はすべてナイキだった。
 
全体的に見て、ナイキのシェア率の高さが強烈に打ち出された大会でもあった。

どのチームを見ても大半のシューズがナイキで、中でもマーキュリアルシリーズが1番人気で、続いてハイパーヴェノム、マジスタが人気だった。

次に多かったのがアディダスで、セネガルやホンジュラス、フランスのようにナイキとアディダスのみで占められるチームもあった。

次がプーマだが、筆者が見た限りは少数だった。

そしてミズノ、アンブロ、ニューバランスを見ることが出来た。

今回、世界各国のスパイクに注目しながらU-20W杯を見て、また新たな視点でのサッカーの見方をすることが出来た。

それは筆者にとって非常にポジティブで、今後のジャーナリスト活動にもプラスになるものであった。今後もこのような視点を持って、日本サッカー、世界のサッカーを見て行きたいと思う。
 
【アメリカ注目選手、スパイク一覧】
①ジョナサン・クリンスマン(UCバークレイ)、アディダス・不明
 
【フランス注目選手、スパイク一覧】
⑧ルーカス・トゥサール(リヨン)、ナイキ・マジスタオーデン

⑨クリストファー・ヌクンク(パリサンジェルマン)、不明

⑪マルクス・テュラム(FCソショー)、ナイキ・マーキュリアル

⑭アミネ・ハリト(ナント)、アディダス・エックス
 
【メキシコ注目選手、スパイク一覧】
⑦ウリエル・アントゥーナ(サントス・ラグナ)、ナイキ・マーキュリアルヴィクトリー

⑨ロナルド・シスネロス(サントス・ラグナ)、アディダス・エックス
 
【ザンビア注目選手、スパイク一覧】
⑩ファッション・サカラ(スパルタク・モスクワ、ロシア)、ナイキ・マーキュリアルビクトリー

⑳パトソン・ダカ(FCリーフェリンク、オーストリア)、ナイキ・マーキュリアル
 
【韓国注目選手、スパイク一覧】
⑨チョ・ヨンウク(高麗大)、プーマ・エヴォパワー

⑩イ・スンウ(バルセロナ、スペイン)、アディダス・エックス

⑭ペク・スンホ(バルセロナ、スペイン)、アディダス・エックス