สอบถาม B Leager! "บิ๊กแมนญี่ปุ่น" ของชิบะความมุ่งมั่นของ Ito Toshihiro ต่อเกียร์เล่ม 2 "กิจวัตรประจำวันของฉันคือใส่สายรัดข้อมือจากแฟน"

Toshiaki Ito ซึ่งเป็นศูนย์รวมขนาดใหญ่ของ Chiba Jets จากฤดูกาลนี้ บุคลิกภาพหนาพอที่จะจินตนาการได้จากร่างใหญ่ 204 ซม. และการสนทนาก็ก้าวหน้าไปในบรรยากาศที่ผ่อนคลายตลอดการสัมภาษณ์ เขามีความหลากหลายของรายการความมุ่งมั่นนอกเหนือจากทุบตีและได้ยินความรู้สึกที่แข็งแกร่งสำหรับเกียร์แต่ละ

ไอคอน 1482131451808Sato หลัก | 2017/06/28
<インタビュー第1回はこちら>  


バッシュが変化してきた歴史の中で、デザインやカラーリングに関してはどういった流れできているんですか?  

อิโตะ: バスケットはどのメーカーでもそうなのですが、5年ほど前から蛍光色を使うことが増えました。出回り始めた当時はだいぶ派手なイメージがありましたね。

NIKEのバッシュで言うと、『コービーA.D.NXT』はもの凄く特徴的な「VOLT」という蛍光イエローなので、見ただけで「あれはNIKEだな」ってすぐ分かります(笑)。

最近では同じようなネオンカラーでも「
MANGO」という赤とオレンジの中間の色もよく使われていますね。チームオフィシャルのウェアも流行りに乗って、そういった蛍光色を取り入れたりもするんですよ。

一方で青や白のシンプルなシューズも好まれています。同じ青でも「
FRENCH BLUE」だったり、「OBSIDIAN」という深い紺色だったり。白は今年の色ですよね。


―時代に連れて、カラーバリエーションも豊富になってきているということですね。では、バスケ選手はそういったバッシュやウェアをファッションにも直接取り入れたりするのでしょうか?  

อิโตะ:
けっこう取り入れますね。特にバッシュはプライベートでも履くことは多いです。僕は90年代のデザインが好きなので、当時の復刻モデルが出るとワクワクするんです。「あの頃めっちゃ好きだったやつだ!」って、テンション上がります。当時は買えませんでしたし(笑)。 

昔で言うと、バッシュと古着をミックスするのが流行っていましたよね。シカゴ・ブルズのレトロジャージーやジャケットと古着のリーバイス、そこに当時のハイテクスニーカーの組み合わせが90年台のトレンドでしたね。

―マイケル・ジョーダンの世代ですもんね。  

อิโตะ: ドンピシャで世代ですね。それと、ジョーダン人気の流れからNIKEの『Air Jordan(エア ジョーダン)』シリーズは、スニーカーブームの原点として大流行を巻き起こしていました。

そういった時代ということもあって、大人になってからは僕もスニーカーはけっこう集めるようになりましたね。
 そう言えば今履いているのもNIKEのスニーカーです。ちょっとボロボロで申し訳ないですが…(笑)

นิ้วหัวแม่มือ

  ―スニーカーは年に何足くらい買っているのですか?  

อิโตะ:僕は足が34㎝とだいぶ大きいので、あまりバンバン買えるようなサイズではないんですよ。なので、実際はそこまで数は多くないと思います。これもオーダーメイドで作ってもらったスニーカーなので。
 

―確かに、そこまでサイズが大きいと探すのは一苦労ですね(笑)。では、少し話は逸れるのですが、バッシュ以外にこだわりのアイテムとかってあったりします?  

อิโตะ:いくつかあります。例えば、これはリストバンドなのですが、ある知り合いの男の子にもらった物なんです。
 นิ้วหัวแม่มือ


昔、栃木ブレックスでプレーしていた時に応援してくれていた子なんですけど、いつも「ありがとう」ってこのリストバンドを渡してくれました。

そこで、マネージャーに試合中に着けていいか聞いてみたところ、リーグの規約的には問題なかったので、その子に「毎試合着けて出るからね」って約束したんです。なので
、だいぶ思い入れの強い大切なアイテムですね。  

―試合のルーティン的な感じにもなっているわけですね。  

อิโตะ:そうですね。今では絶対に付けて出場しています。あと、このリストバンドはアンダーアーマー製なんですけど、その繋がりで同社の同じ赤色のインナーを履いているんです。個人的に膝下くらいまである丈の長さが好きですね。
 นิ้วหัวแม่มือ
 
―それは機能的にはどういった特徴があるんですか?  

อิโตะ: これはコンプレッションタイツと言って、ギュッとした着圧によって血液の循環を良くし、疲労を軽減してくれるんです。筋肉のブレも少なくなるので、パフォーマンスの向上にも繋がります。

アンダーアーマー以外の会社も色々出してはいるんですけど、その中でもアンダーアーマーさんは先駆けの存在ですので、製品自体機能性はすごく高いと思います。  

加えて、今は千葉ジェッツでお世話になっているので、チームカラーの赤色は意識して取り入れるようにしています。割と赤いタイツってあまりないので、とても気に入っていますね。  

―バッシュも赤色ですよね?

 อิโตะ: はい。これも実はオーダーメイドで作ってもらった物で、『ハイパーダンク2016 iD』という、ハイパーダンクシリーズの新しいモデルです。毎年アップデートしてくれていて、今季はこれでずっとプレーしていました。

นิ้วหัวแม่มือ
 
―中に書いてある数字と文字はどういう意味ですか?  

อิโตะ:
これは自分のチームでの番号「44」と、ボブ・マーリーで『Iron Lion Zion(アイアン・ライオン・ザイオン)』って曲があるんですけど、あの世界観がけっこう好きで、刺繍でも曲名を入れているんです。   その流れで、ライオンのプリントが入ったTシャツを作って、実際に販売させてもらったこともあります。  

―相当お好きなんですね(笑)。では、試合前とかにこの曲を聴いて気持ちを高めている感じなんですか?  

อิโตะ:今はどっちかって言うと試合前は静かに過ごすタイプなので、音楽はあまり聴かなくなりましたけど、若い頃は曲を聴いて気持ちを昂らせてたころもありました。  

―バスケって、ストリートの音楽をよく聴いているっていう勝手なイメージがあるんですけど、実際はどういったジャンルの曲を聴いているんですか?  

อิโตะ: 確かにバスケはアメリカ発祥のスポーツですし、傾向的にも黒人の方が多いというのがあったので、どうしてもストリートミュージックよりなのはありますね。

僕が中学校くらいの時に
Run-D.M.C.(ラン・ディーエムシー)やA TRIBE CALLED QUEST(トライブ・コールド・クエスト)が人気でしたし、大学の頃はブラックミュージックが流行っていました。

僕は今でもブラックミュージックは聴きますし、
HIP HOPは大好きです。
  そういう意味では、他のスポーツよりも音楽との関係性が深い感じはあるかもしれないですね。


<インタビュー第3回はこちら>


ความร่วมมือในการรายงานข่าว / Chiba Jets Funa Board Co. , Ltd. Boost


สำหรับข้อมูลเกี่ยวกับสโมสร Chiba Jets ของ Ito โปรดคลิกแบนเนอร์นี้!

Thumb 20101129 dxphczmu