Img 9192

"แชมเปี้ยนชิพที่สองชนะ" Maebashi Eihide เล่นพูดคุยเกี่ยวกับความมุ่งมั่นที่จะแหลม! ฉบับที่ 2 DF Kotaro Kakuda, DF Hideo Gotoda, FW Muroi Muroi แก้ไข

สิ่งที่ชนิดของการขัดขวางสำหรับผู้ที่เป็นผู้เล่นฟุตบอลโรงเรียนมัธยมที่แข็งแกร่งสวมใส่? การสัมภาษณ์อย่างต่อเนื่องสำหรับ King Gear ซึ่งจะเป็นประโยชน์สำหรับการเลือก spikes ครั้งที่สองสำหรับโครงการยอดนิยมคือการเกิดขึ้นของ Maebashi Eiji ผู้ชนะอันดับที่สองในการแข่งขันชิงแชมป์ระดับมัธยมปลายปีที่แล้ว

ไอคอน img 6776Takuto Ando | 2017/08/02
<จากฉบับที่ 1 อยู่ที่นี่>

④角田涼太朗(3年、ナイキ、ティエンポレジェンド)

昨年度の準優勝メンバー。左利きのCBとして、最終ラインから正確なフィードや縦パスを送り込んで、攻撃の起点となる。

さらに空中戦には大きな自信を持ち、高い打点のヘッドで制空権を握る。学業の方も優秀なハイスペックCBで、現在はプロか大学進学かを悩むほど、文武両道に秀でた選手だ。
 

Thumb bb3a5860

角田:小学校入ってからずっとナイキです。中学の時、浦和レッズジュニアユースで支給をされて、そこで履かせてもらってから、よりティエンポが良いと思うようになりました。正直、ティエンポなら何でも良いという感じです(笑)  
―こだわりはあまりない方でしょうか?

角田:そうですね、でも天然皮が良いです。僕、ちょっと足の形がおかしいんです。左右の大きさが違うんです。左が右に比べてでかいんです。右が27.5で左が28なんです。

あと横幅も広いので、人工皮だとサイズが上手く合わなくなるんです。

それにサイズが違う分、小さい方の右足にサイズを合わせて、左は天然皮なので伸びるので、履き慣らして行く感じですね。
 

―色やデザインなどのこだわりはありますか?

角田:裏全体に色が塗られているスパイクが嫌で、半透明の色が好きです。
 


⑤後藤田亘輝(3年、アディダス、メッシモデル)

昨年度の準優勝メンバー。右サイドバックとして機を見たオーバーラップと、正確なクロスでチャンスを作り出して行く。彼の持ち味はアジリティーで、細かいサイドステップと、一瞬のスピードでサイドを軽やかに疾走して行く。  

Thumb bb3a5862

後藤田選手が語るスパイクの動画をご覧ください。

   
後藤田:このモデルはフィット感も良いですし、あと細かいステップに付いて来ることが出来るのもいいですね。僕はプレースタイル的にアジリティー勝負なところがあるので、ステップを踏むときにかかとが浮くのが嫌なんです。

つま先が地面に付いて、かかとが上がっているときに、足のかかともスパイクの底から浮いているのが凄く嫌で、フィットしたまま、かかとが上がると凄くプレーがしやすいんです。
 

―このメッシモデルの前は何を履いていたんですか?

後藤田:その前はアディダスのエックスを履いていました。小、中学はアディダスのアディゼロを履いていました。  

―ずっとアディダスなんですね。

後藤田:僕のお母さんのお兄ちゃんがアディダスの関係者だったので、その関係で履くようになりました。最初はアディゼロがお気に入りだったのですが、アディゼロが生産中止になって、エックスにしたのですが、エックスがあまり合わなかったんです。エックスは足首の部分が結構上の方まであるんです。それがちょっと嫌でしたね。  

―色やデザインにこだわりは?

後藤田:赤が好きですね。赤色のスパイクが凄く好きで、この色は凄く好きです。  


⑥室井彗佑(2年、プーマ・エヴォスピード)

彼の特徴はスピード。一瞬で加速し、一気にDFラインの裏を突破して行く。マークを外す動きの質も高く、一瞬でフリーになってゴールに迫って行く。
将来のエース候補の一人だ。
 

Thumb bb3a5883


室井選手が語るスパイクの動画をご覧ください

   
室井:エヴォスピードは結構軽くて、自分に合っています。軽い分、動きやすいし、自分にフィットをしていると思います。  

―室井選手はスピードアタッカータイプ。だからこそ、このエヴォスピードを選んだんですね。

室井:はい、スピードに乗って点を獲るプレースタイルなので、軽さは物凄く重視しています。自分の足の特徴にも合っているので。  

―スパイク選びの一番のポイントは?

室井:ステップや動きやすさ、そして軽さですね。動いているときにかかとがズレないことが重要ですね。  

―ずっとプーマですか?

室井:前はナイキのマジスタだったのですが、かかととつま先の部分もちょっとズレてしまったので、プーマのエヴォスピードを履いてみたら、それが解消されたんです。「自分に合ったスパイクだ」と思いましたね。そこから愛用しています


vol.3に続く。 FW宮崎鴻、GK松本瞬、GK湯沢拓也 編