%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a1

野球を続けるために選んだ、部活以外の選択肢。加藤優インタビューvol.1

昨今中高生の野球人口減少が進んでいると言われているが、実は女子野球部を設置する高校は近年増加している。その数は10年前と比べると5倍に増えているという。その背景の1つとして2010年に女子プロ野球が開幕したことが大きいだろう。 しかし、現在女子プロ野球で活躍する選手たちが学生のころは野球を続けられる環境がまだ少なく、プレーの場を確保するために様々な経歴を経ている人が多い。 女子プロ野球・埼玉アストライアの加藤優選手もそのうちの一人だ。そのルックスに加え、歌手としてのデビュー経験ありという経歴が注目されがちだが、一番に選手として野球を続け、より高いレベルを追い求めるための環境を考えた選択をしてきている。 今インタビューでは道具へのこだわりはもちろんのこと、野球を始めたきっかけからその環境を選んだ背景、プライベート、今後の目標に至るまで深く迫っていく。

Icon 19441337 1436670123094269 1330815580 nต้นไม้ใหญ่เสน | 2017/10/05
-野球を始めたきっかけから教えてください。 

5歳から父の影響で野球を始めました。細かくは覚えていないですが、まだ野球を始める前に兄と父とバッティングセンターに行った時に、打ったボールにバットが負けて、それが耳に当たって大泣きした記憶があります。それで親は野球をやらないかもしれないと思っていたようですが、やってみるか聞かれた時にやると答えたみたいですね。  

-
野球を始めるきっかけとなったお父様はどんな存在ですか。

野球の時は自分のチームの監督でもありましたから、本当に厳しかったです。でも家に帰ってくるとお互い自然とそこは区別できていて、呼び方もチームでは監督ですけど、家ではお父さんと呼んでいました。父親も家に帰ると少しからかってきたり、ふざけてきたり、野球の時とは違う一面を持っていたと思います。あとは家でも本当に野球の話しかしていなかったです。普通の女の子だと思春期になると親と話さないという人も多いですが、そういうことがなかったので、そこは野球のおかげかな、と思います。  

-
お父様と野球の議論をしている時、お母様はどんな反応なのでしょうか。

そういう時は入ってこないですね。兄も野球をやっていたので、3人で話すことはありましたけど。 料理を教えてもらうことはあります。今家を出て暮らしているので、料理をどうやってつくるのか聞いたり、生活する上で分からないことがあれば教えてもらっています。 4つ上の兄とは親よりも何でも話せる関係ですし、仲のいい家族だと思います。  

-
実家にはバッティングゲージがあるそうですね。

中学生の時に作ってもらって、家にいる時はそこで打ち込んでいました。今も帰ると打ったりしています。  

Thumb 170717 1288

-
いつから左打なのでしょうか?
野球を始めた時からずっと左です。当時はまだ女子野球が今ほど普及していなかったので、いずれソフトボールに行くだろうと考えて、その時に有利になるように父が左で育てたみたいです。他は全部右なんですけど。  

-
実際進学した厚木商業高校でも最初はソフトボール部に入部しています。

家庭の事情もあり、通えるところの学校に進学する予定で、それで女子野球部があるところとなると駒沢女子高校か蒲田女子高校でした。体験入部にも行って蒲田女子高校に行こうかと思っていたのですが、それよりも近くにソフトボール部が強い厚木商業高校があって、監督とも中学時代から面識があったので、そちらを選びました。  

-
しかし、ソフトボール部をやめて、アサヒトラストの女子硬式野球部に入り、野球に戻る選択をしています。

1年の秋ぐらいまでは高校のソフトボール部にいました。やってみてやはり野球とソフトボールは違うスポーツなのかな、と感じました。でもレベルは高かったですし、部に在籍した約半年間の中でも為になったことはあったと思います。公立でも日本一を狙えるくらい厳しく質の高い練習をしていましたし、3年間続けていたら、もっとしっかり体を作れていたかもしれないと思う部分はあります。 一方で部活を辞めて社会人野球チームに入って経験できたこともあったので、選択としては間違っていなかったと思っています。  

-
ある程度練習環境の確保がされている部活とは違って、苦労した部分もあったのではないでしょうか。

それは悩みでしたね。バッティングに関しては素振りやティーを打つことはできますけど、平日にノックなどの守備練習をできないまま、土日に試合に臨まないといけなかったのは不安でした。仕方ないことだったのですが、その不安を払拭できるほどの練習環境がなかったのは部活とは違って、痛い部分ではありました。でも高校3年になって、私が通っていたボーイズリーグのチームが平日練習をするようになったので、そこに参加させてもらえるようになって以降はグラウンドで野球をできますし、だいぶ環境もよくなりました。

vol.2に続く http://king-gear.com/articles/531

加藤優選手が所属する埼玉アストライアのホーム最終戦が10月9日(月・祝)14:00〜、10日(火)18:00〜いずれも川口市営球場で行われます。 詳しくは埼玉アストライアHPをご覧ください。