Rrr

การสัมภาษณ์พิเศษ Tomoyori Miura (Yokohama FC) 3rd "การแข่งขันที่ไหน Kazu 31 ปีของชีวิตพูม่าสวม adidas เพียงครั้งเดียว?"

มุมมองของขัดขวาง Miura Tomori บอก Kinggia เท่านั้น

ไอคอน s 1Hiroshi Totsuka | 2016/07/01
Thumb kaz 6108
6月19日に行なわれたJ2リーグ第19節で、カズこと三浦知良はシーズン初ゴールをマークした。右サイドからのクロスをヘディングで合わせた一撃は、観衆に熱狂を呼び込んだ。日本サッカー界の“キング”のゴールは、いつだってスタジアムを特別な空間に変える。

  ──前回のインタビューでお話のあった「あえてキツめのサイズのスパイクを履いていた」というこだわりには、率直に驚かされました。  

Tomoyoshi Miura (ต่อไปนี้เรียกว่า "Kazu)
25センチのスパイクと言いましたけど、実際は25・3センチだったかな。それぐらいのサイズだったんですよ。足にピッタリとフィットするモノが良かったんですけど、どうして履けなくなったのかな……。いまはスパイクが26センチで、ジョギングシューズは26・5センチです」


  ──サイズ以外のこだわりは?

Kazu
 「僕ではないですけれど、中敷きを変える選手はいますね。
自分の身体のバランスに合わせて、中敷きを作ったりする選手は」


  ──ポイントの高さは?
Thumb kaz 3980

Kazu
 「踏み込んだ時にポイントがしっかり芝生を噛むかとか、そういうところは多少考えますけれど、
グラウンドとの相性もあるだろうし……。あまり気にしませんねえ」


 
──他のメーカーのスパイクを履いてみたいな、と思うことは?  

Kazu
 「ないですね。チームメイトが履いているスパイクを見て、
『あれちょっと、試してみたいなあ』と思うことはごくたまにありますけど。
でも、実際には履きませんよ」
 

──カズさんの足元がプーマでなかったケースとしては、2012年のフットサルW杯があります。フットサルシューズですが、アディダスを履いてプレーしましたね。日本サッカー協会がプーマと交渉をして、特例として認められたと聞きました。
 
Kazu 「日本代表選手は全員がアディダスを履くということだったので、プーマに了承してもらったんですよね」

  ──プーマにリクエストをすることはありますか?

Thumb kaz 6861

Kazu
 「僕からリクエストをする、ということはほとんどありませんね。ただ、これはリクエストではないんだけど、最近のスパイクは軽量化がすごいじゃないですか?」

  ──パラメヒコ・ライトも軽いですよね。

Thumb kaz 9013

Kazu
 「僕は昔から軽いスパイクよりも、ちょっと重さがあるものが好きなんです。軽いスパイクがダメとかではなくて、軽くて薄くてもボールを蹴ったら足が痛くなることはないし、ボールが飛びにくいとかいうこともない。テクノロジーはすごいなって、感心させられます。でも、僕はやっぱり、これくらいの感じがいいな(と言って、パラメヒコに手をのばす)」

  ──なるほど。
 
Kazu 「パラメヒコはね、間違いがないですから。たとえば、グアムで自主トレをするときも、一足しか持っていかない。その一足がもし合わなかったら困るんだけど、そんなことは絶対にないから予備がなくても大丈夫なんですよ」 

──プーマへの信頼には揺らぎがありませんね。

Thumb    131

Kazu
 「プロになってすぐにプーマと契約をしたので、今年で31年目です。ずっと一緒にやってきた信頼関係というのは、やっぱりありますね。そのおかげというのか、年齢を重ねていくとともに、スパイクへのこだわりはどんどん無くなっていますけど」 

──それでもあえて、「こだわり」を言葉にするとしたら?

Thumb kaz 8705

Kazu
 「スパイクのせいにしない、ってことですかね。サッカー選手にとって、スパイクは唯一にして最大のパートナーだから、無神経になっていることはもちろんないんですよ。でも、プーマへの信頼があるから、こだわらなくても問題がない。スパイクにこだわりがないのが、僕なりのこだわりですね」   (完)


もしもカズが、プーマ以外のスパイクを履きたいと意思表示をしたら?  
全メーカーが契約に乗り出すだろう。空前の争奪戦が繰り広げられるに違いない。 だが、彼はプーマを履き続けてきた。キャリアのすべてを捧げてきた。 それこそが、カズのこだわりなのだろう。    


取材協力:オフィスハットトリック、横浜FC  
写真:清水和良 取材:戸塚 啓